葬想式のコラム
大切な人とのお別れに寄り添う情報をお届けするWebメディアです。
# 母の日 記事一覧
亡くなった母に贈る花は?白いカーネーションの意味について解説
亡くなった母に贈る花は?白いカーネーションの意味について解説
毎年5月の第2日曜日は母の日。母の日には、日頃の感謝を込めて、どんな贈り物を届けようかと迷ってしまいそうです。今でこそさまざまな贈り物が店頭に並びますが、やはり母の日の定番はカーネーションといえます。 なかには、亡くなったお母様にも、母の日にはカーネーションをお供えしたいと考える人がいることでしょう。 数ある花の中から、どうして母の日にカーネーションを贈るようになったのか、不思議に思ったことはありませんか。そこには思いもよらないストーリーがありました。 そこで今回は母の日の由来と、カーネーションについて解説していきます。そのうえで、亡くなったお母様へ母の日に贈る花についてご案内します。 なぜ母の日はカーネーション? アメリカの女性社会活動家のアン・ジャービスは、17年間のうち11子を授かったものの、戦争や病気でその多くを亡くし、4人しか生き残らず、大きな喪失感を抱きました。このことをきっかけに、子どもたちの衛生環境を改善する活動を始め、アメリカの公衆衛生運動に加わりました。アメリカの南北戦争中には「母の仕事の日」と称して、戦死した兵士を悼み、敵味方問わず負傷兵のケアを献身的に行い、平和のために活動しました。 それから25年間日曜学校の教師として活動しました。 アンが亡くなった2年後の1907年5月12日、アンの娘であるアンナ・ジャービスは、亡き母を讃え教会で追悼集会を開き、祭壇に母が好きだった白いカーネーションを飾り、会の参列者にも贈りました。これが由来となり、白いカーネーションは「母の日」のシンボルとなりました。1914年にはアメリカで5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。 日本ではアメリカの「母の日」に倣い、明治末期頃に教会で初めて母の日のイベントが開かれました。「母の日」が本格的に日本中へ広まったのは、戦後のことであると伝えられています。 亡くなった母に贈る花は? 母の日に贈る花といえば、赤いカーネーションを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。もともとは白いカーネーションが「母の日」のシンボルでしたが、その後、「お母さんが健在の場合は赤いカーネーション」「お母さんを亡くした場合は白いカーネーション」を選ぶことが一般的になりました。 お母さんが亡くなって日が浅い場合であれば、厳かな雰囲気で、気持ちが慰められるような白いお花を贈るのがふさわしいです。定番はカーネーションですが、白いゆりやバラ、トルコキキョウなどのお花もいいでしょう。 想い出となったお母さんには、生前好きだった花や思い出の花、お母さんへの想いを表すお花など、好きな色の好きなお花を選ぶのもいいでしょう。きっと喜んでもらえると思います。 白いカーネーションの花言葉 花言葉にも歴史があります。 花に想いを乗せる風習が17世紀頃にトルコからヨーロッパへ、明治初期頃にヨーロッパから日本へ伝わったとされています。花言葉の起源は明確ではなく、国や地域によっても違いがあり、時代の流れとともに変化することもあるようです。 カーネーションにも色ごとに花言葉があります。 母の日に贈る定番、赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」などです。カーネーションの色の中で、最も直接的な母親への想いを表す花言葉です。 母の日の始まりのシンボルとされる白いカーネーションの花言葉は「私の愛情は生きている」や「尊敬」です。亡くなった母親を偲ぶ定番の色です。 まとめ 今回は、母の日にカーネーションを贈る由来や花言葉についてご紹介しました。 母の日にまつわる歴史には、女性として、そして母親としての深い愛情はもちろんのこと、平和への強い思いが込められていたことには深い感慨を覚えます。 時代は変わっても、人々の母親に対する想いは変わらないこともわかりました。そして、目の前にいなくても私の愛情は生きている、そんな思いを白いカーネーションに託して贈れたら、とても素敵なことです。
続きを読む
死んだ母の日展で集まったメッセージを紹介
死んだ母の日展で集まったメッセージを紹介
母の日に天国へのお母さんへ想いを綴る「死んだ母の日展」。今回は集まったメッセージを幾つか紹介させていただきます。 死んだ母の日展とは 死んだ母の日展はお母さんを亡くした人が、天国のお母さんへ手紙を綴れるオンライン展示会です。特設サイトから手紙を綴り、匿名で展示します。死んだ母の日展は母への感謝だけ伝える場ではありません。近況報告、懐かしい話、愚痴、恨みなど、伝えたいことをそのままに発散できる場です。 https://mmmm.sososhiki.jp/ 投稿紹介 1週間前に亡くなった母への手紙 「毎日夜勤してもずっと起きててくれて、ご飯作ってくれてありがとう」 「ちゃんと親孝行も出来ていないのに本当にごめんね」 「父さんも頑張ってくれているけど、一緒にいることが多くてしんどくなってきてしまった」 感謝だけはない、お母様へ伝えたい感情がそのままに綴られています。 死んだ母の日展 死別当時23歳の私から享年51歳の母へ 60年前の母の姿を兄弟と振り返る 「当時では晩婚だった母は三人の子供を残して、私の小学校の入学式の日に旅立ちました。」 「弟の誕生日がお葬式当日と、60年経った今も忘れられません」 こんな文章から始まるお手紙。誰かの心に生きるってどんなことなんだろうと考えさせられるお手紙でした。 死んだ母の日展 死別当時6歳の私から享年39歳の母へ ママと今は絶対に会いたくありません 「ちゃんと愛情を注いでくれるお母さんと幼い頃死別してしまった人は、お母さんが恋しい、会いたいと思うのが当たり前であるかのように思われていますが、 私はママを恋しいと思ったことは、ありません 」 「自分への劣等感で今も苦しいです。でも、 ママと今は絶対に会いたくありません 」 手紙の途中「どうしてそんなこというの」と、驚かれる方もいるかもしれません。しかし、最後まで読むとその言葉に込められた想いが伝わってきます。 死んだ母の日展 死別当時12歳の私から享年48歳の母へ 15歳の私が伝えたい溢れ出る母への想い 「高校最後の部活の公演も、大学の合格発表も、高校の卒業式や大学の入学式も、ママと同じ大学の学生証も、成績表も、ママにみせたいものがたくさんあったよ。ディズニーやUSJだって、旅行だって、海外だって、いっしょに行きたかったよ。ううん、近くのコンビニやスーパーでもいいから、親子隣同士で歩きたい、今でもそんな願いが出てきてしまいます」 「最近、いつかこの世で一人になるんだと考えてしまい、どうしようもない不安と闘っています。ばばがママと同じ病気になっちゃったよ」 見せたかった自分の晴れ舞台、親子で歩く友達を見た時の寂しさ。そして、家族の健康について。 お母さんにだからこそ、伝えたいことがたくさんあるんだなと感じました。 死んだ母の日展 死別当時15歳の私から享年42歳の母へ 最後に 死んだ母の日展に集まったお手紙をいくつか紹介させていただきました。 母の日は、"感謝を伝える日"だけではなくて、自分の中で言葉を綴ってみたり想いを巡らせる日でも良いのかもしれない。そんな風に感じました。 皆様にとって、それぞれの母の日をお過ごしいただけることを願っています。 死んだ母の日展は、2022年5月8日 23:59まで応募を受け付けております。 死んだ母の日展: https://mmmm.sososhiki.jp/ 死んだ母の日展 投稿ページ: https://mmmm.sososhiki.jp/write
続きを読む