葬想式のコラム
大切な人とのお別れに寄り添う情報をお届けするWebメディアです。
# 葬儀 記事一覧
【2023年最新】各コンビニの喪中はがき印刷料金・割引情報を比較!
【2023年最新】各コンビニの喪中はがき印刷料金・割引情報を比較!
今年、身内を亡くした人はいつも年賀状をやりとりしている人へ喪中はがきを出すことになります。一般的には11月中に出すのがふさわしいとされる喪中はがきを、「どこに依頼しよう」と迷っている人はいませんか。喪中はがきは、身近なコンビニからでも手配することが可能です。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどコンビニに喪中はがきを手配した場合の割引情報や、各社の料金について紹介します。 ※2022年10月時点、各コンビニの公式サイトで確認できる情報を元にしています。 喪中はがきはコンビニでも印刷できるってホント? 喪中はがきは、コンビニでも印刷できます。ネットで各コンビニの喪中はがき注文サイトにアクセスし、デザインや枚数を選んで注文した後、最寄りのコンビニで喪中はがきを受け取ります。 なお、自分で作成したデータをコンビニに持ち込み、店頭のコピー機を使ってハガキにプリントすることも、一部のコンビニでは可能です。店頭でカタログを確認し、注文することもできます。 しかし、今回は、ネットで喪中はがきを注文し、店頭で受け取る場合の料金や方法について主にご案内します。 コンビニ各社の喪中はがき料金・割引情報比較 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの喪中はがき注文料金と、割引情報をご紹介します。 各社、印刷料金は10枚単位で、たくさん印刷するほど割安になります。今回は参考として、30枚、50枚を印刷した場合の料金をご紹介します。 なお、喪中はがきの印刷は、「普通郵便はがき」への印刷か、「私製はがき」への印刷かを選択する必要があります。 「普通郵便はがき」を選んだ場合は、郵便局で購入するような官製はがきに喪中印刷がプリントされます。はがき代が、印刷料金とは別に必要です。 「私製はがき」を選んだ場合は、切手が貼られていない喪中はがきを注文することになるため、自分で切手を貼り、投函しなければなりません。注意しましょう。 ※紹介する料金の消費税は自動計算のため、実際には1円の誤差が生じる可能性があります。ご了承ください。 セブンイレブンの喪中はがき料金・割引情報 セブンイレブンの喪中はがきについて、まずは、早期割などの割引情報からご案内します。 セブンイレブンの喪中はがき割引情報 ネット割:ネットでの注文で印刷料金30%OFF 超早割:10月3日~11月30日までの間に注文すると印刷料金10%OFF 複数割:一度に複数絵柄の注文で印刷料金5%OFF ※各割引を併用できるため、3つ合わせて印刷料金45%OFFも可能 セブンイレブンの喪中はがき料金 印刷の種類 30枚の場合 50枚の場合 説明・補足 メタリック喪中 3,472円(税込) 4,219円(税込) 普通郵便・光沢あるメタリックカラー印刷 フルカラー喪中 3,026円(税込) 3,565円(税込) 普通郵便と私製を選べる・寒中見舞私製ハガキ3枚付 モノクロ喪中 1,563円(税込) 1.840円(税込) 普通郵便と私製を選べる 宛名印刷 40円/枚(税込) 40円/枚(税込) ※上の表はインターネットから申し込むうネット割30%OFFを適用した料金です。 同条件比較〜セブンイレブンの場合〜 仮にネットからフルカラー印刷の喪中はがきを、普通郵便ハガキで30枚手配し、宛名印刷を依頼する場合、料金は以下のようになります。 2,751円(印刷料金30%OFF後)+63円×30枚(ハガキ代)+40円×30枚(宛名印刷料金)=5,841円(税込) セブンイレブンで印刷する方への耳寄り情報 セブンイレブンでは、喪中はがきが足りなくなっても店舗で1枚から追加印刷が可能です。パソコンやスマホから印刷予約をし、暗証番号とプリント予約番号を控えて最寄りの店舗へ普通郵便ハガキを持ち込めば、マルチコピー機で印刷ができます。(受付期間は2022年12月1日~2023年1月9日) ローソンの喪中はがき料金・割引情報 ローソンの喪中はがきについて、まずは、早期割などの割引情報からご案内します。 ローソンの喪中はがき割引情報 ネット割引: 12月4日まで印刷料金30%OFF 12月5日から印刷料金25%OFF 複数同時申込割引:印刷料金2%OFF ※各割引を併用できるため、印刷料金が最大で32%OFFも可能 ローソンの喪中はがき料金 印刷の種類 30枚の場合 50枚の場合 説明・補足 ハイグレード 4,712円(税込) 5,636円(税込) 私製 スタンダード 3,280円(税込) 3,896円(税込) 普通郵便と私製を選べる シンプル 2,833円(税込) 3,418円(税込) 普通郵便と私製を選べる オリジナル 2,837円(税込) 3,376円(税込) ローソンオリジナルデザイン オリジナル/シンプル 2,133円(税込) 2,573円(税込) ローソンオリジナルデザイン 宛名印刷 44円/枚(税込) 44円/枚(税込) ※上の表の金額は12月4日までの30%OFFを適用した料金です。 同条件比較〜ローソンの場合〜 仮にネットから12月4日までにシンプル印刷の喪中はがきを、普通郵便ハガキで30枚手配し、宛名印刷を依頼する場合、料金は以下のようになります。 2,837円(印刷料金30%OFF後)+63円×30枚(ハガキ代)+44円×30枚(宛名印刷料金)=6,047円 ファミリーマートの喪中はがき料金・割引情報 ファミリーマートの喪中はがきについて、まずは、早期割などの割引情報からご案内します。 ファミリーマートの喪中はがき割引情報 11月6日まで印刷料金40%OFF 11月7日から12月27日まで印刷料金30%OFF ファミリーマートの喪中はがき料金 印刷の種類 30枚の場合 50枚の場合 説明・補足 特選喪中はがき 4,039円(税込) 4,392円(税込) 私製 喪中はがき 2,418円(税込) 2,881円(税込) 普通郵便と私製を選べる 喪中はがきシンプル 1,815円(税込) 2,193円(税込) 普通郵便と私製を選べる 宛名印刷 44円/枚(税込) 44円/枚(税込) ※上の表の金額は11月6日までの40%OFFを適用した料金です。 同条件比較〜ファミリーマートの場合〜 仮に11月6日までに「喪中はがき」を、普通郵便ハガキで30枚手配し、宛名印刷を依頼する場合、料金は以下のようになります。 2,418円(印刷料金40%OFF後)+63円×30枚(ハガキ代)+44円×30枚(宛名印刷料金)=5,718円 ファミリーマートで印刷する方への耳寄り情報 「特選喪中はがき」を注文すると、印刷料金の5%が「公益財団法人日本盲導犬協会」「公益財団法人日本野鳥の会」に寄付されます。 また、12月27日までと割引期間が長いのも注目どころです。 ミニストップの喪中はがき料金・割引情報 ミニストップの喪中はがきについて、まずは、早期割などの割引情報からご案内します。 ミニストップの喪中はがき割引情報 インターネット割引: 12月10日まで印刷代から30%割引 12月11日から12月27日まで印刷代から20%割引 店頭割引:12月10日まで印刷代から10%割引 ミニストップの喪中はがき料金 印刷の種類 30枚の場合 50枚の場合 説明・補足 ハイグレード 4,712円(税込) 5,124円(税込) 私製 スタンダード 3,280円(税込) 3,542円(税込) 普通郵便と私製を選べる シンプル 2,833円(税込) 3,108円(税込) 普通郵便と私製を選べる オリジナル 2,587円(税込) 3,003円(税込) 普通郵便と私製を選べる・ミニストップのオリジナルデザイン 宛名印刷 44円/枚(税込) 44円/枚(税込) ※上の表の金額は12月10日までの30%OFFを適用した料金です。 同条件比較〜ミニストップの場合〜 仮に12月10日までに「シンプル」を、普通郵便ハガキで30枚手配し、宛名印刷を依頼する場合、料金は以下のようになります。 2,833円(印刷料金30%OFF後)+63円×30枚(ハガキ代)+44円×30枚(宛名印刷料金)=6,043円 ミニストップで印刷する方への耳寄り情報 店頭だけでなく、自宅へのお届けも選べます。送料は無料です。 各社の喪中はがき料金の比較まとめ ネット割や早割を利用すれば、各社ともにあまり差のない料金で喪中印刷を手配できることが分かりました。ただ、注文の決め手になるのは価格だけではありません。デザインも大事です。実際に各社が用意している数種類のデザインを見て選ぶのがおすすめです。 喪中はがきを手配するのが遅くなってしまった場合には、早割が利用できるかどうかを選定の目安にするのもいいでしょう。 喪中はがきをコンビニで注文・印刷するときの手順 喪中はがきのネット注文 喪中はがきはネット注文することができます。 ネット注文しておけば、喪中はがきをまとめて印刷できるので便利です。 以下、作成手順の一例をご紹介します。 1、ネット注文を利用する場合、まずはコンビニの年賀状印刷ページを検索し、開きます。 2、喪中・寒中を選択し、好きなデザインを選びます。 3、個人のお客様か法人のお客様かを選択します。 4、住所・氏名・電話番号・メールアドレスを入力し「入力完了」を押します。 5、差出月を選び、故人の情報を入力して「入力完了」を押します。 6、あいさつ文の例が出てくるので好きなものを選択します。 7、差出人レイアウトを確認し、「決定」を押します。 8、宛名印刷を行うかどうか選びます。 9、宛名印刷を行う場合、宛名追加を押しましょう。確認して大丈夫であれば「完成」を押します。 10、はがき表面の絵柄を選びましょう。 11、喪中はがきの枚数を決めます。割引された金額が表示されます 12、内容を確認して大丈夫であれば「注文ページへ」を押します。 13、喪中はがきを受け取る店舗を選びます。 14、注文内容を確認し、「注文確定」を押します。 喪中はがきのカタログ注文 1、年賀状印刷のカタログをもらってくる。 2、カタログから好きなデザインを選ぶ。 3、私製はがき・普通郵便はがきどちらかの絵柄番号を申込書に書く。 4、あいさつ文を選ぶ。 5、申込書の「喪中用原稿欄」で差出月を選ぶ。 6、亡くなった方の続柄・氏名・没月日・年齢を選ぶ。 7、記入済みの申込書をレジに出す。 8、受け取りの際に支払いをする。 喪中はがき用のはがきを持ち込まなくても、その場で注文することができますが、別途はがき代が加算されます。 また、出来上がった喪中はがきは店頭で受け取る流れになります。 注文時ではなく、受け取り時に喪中はがきの料金を支払う形になるので注意しましょう。 まとめ 喪中はがきのネット注文は、カタログ注文よりも豊富なデザインの中から選べるうえ、宛名印刷のサービスも利用できて便利です。コンビニでの受け取りなので、送料がかからないこともメリットの一つといえるでしょう。 まずは各社のハガキのデザインを見てみて、割引率や「店頭で印刷できる」「自宅にも届けてくれる」といった独自サービス、枚数が多いなら一枚当たりの宛名印刷料金も比較して決めましょう。
続きを読む
無宗教葬儀の流れ、費用、内容、注意点について解説!
無宗教葬儀の流れ、費用、内容、注意点について解説!
日本では仏式で葬儀を執り行うのが一般的とされています。ですが、最近では故人とのお別れを自由なスタイルで行うことが出来る、「無宗教葬儀」を選ぶ人も一定数の割合で増えています。 今回はそんな無宗教葬儀の内容や流れ、費用についてご紹介させていただきます。 無宗教葬儀とは 無宗教葬儀とは、「自由葬」とも呼ばれ、特定の宗派・宗教の決まった儀礼方式、伝統的な作法で葬儀を執り行わず、宗教者による読経や説教などもない自由なスタイルで、故人とお別れをする葬儀です。 無宗教葬儀は宗教者を呼ばないので、僧侶による読経や焼香などは行われません。なので、読経の代わりに黙祷(もくとう)や、焼香の代わりに献花を行うことが主流となっています。 また、故人の好きだった音楽をかけたり、プロの司会を依頼するなど、自由なやり方で故人を見送ることができるのが特徴です。 無宗教葬儀の内容 「無宗教」というのは、信仰している宗教や宗旨宗派がないという意味です。 日本にはキリスト教の洗礼やミサのような、幼いころから宗教を意識する機会があまりありません。 寺院に関わるのは人が亡くなった時くらいという人も珍しくないため、無宗教あるいは無信仰的な思考を持つ人が多いというのも自然なことでしょう。 「無宗教葬儀」とは、特定の宗旨宗派の儀礼や考え方にとらわれない葬儀のことです。 近年、こうした葬儀が増えているのは、日本人の宗教観が影響しているのかもしれません。 無宗教の葬儀は「自由葬」と呼ばれることもあります。 これは、宗教・宗旨宗派ごとに決められたことを行わず、亡くなった人の遺志や遺族の希望に沿って、葬儀の内容を自由に決めることができるからです。 無宗教の葬儀には、これでなければいけないという決まった形式はありません。 伝統的な儀礼や葬式の流れに縛られることなく、自由な内容、構成で葬儀を営むことができます。 無宗教の葬儀は、内容にもよりますが通常の葬儀よりも準備に時間と手間がかかることが多いといえます。 最近は無宗教の葬儀が増えているため、葬儀社でもある程度のノウハウを持っていますが、定型がないために、どうすればいいのかわからないと、頭を悩ます遺族もおられるかもしれません。 また、無宗教の葬儀を営む人は増えていますが、まだまだ広く理解されているとはいえない状況です。 親族や参列者の理解を得られないおそれもあるので、無宗教の葬儀を営む遺族の思いを、きちんと伝える努力が必要となるでしょう。 無宗教葬儀の流れ 無宗教葬儀には定められた形式がないため、自由に内容や段取りを決められます。 ですが、多く行われるのは、仏式の葬儀から宗教の要素をなくした形です。 ここでは、無宗教葬儀の流れの一例をご紹介します。 1.入場:参列者が入場します。 2.開式の言葉:司会者が開式を告げます。 3.黙祷:お経を読む代わりに、全員で黙祷(もくとう)を行います。 4.献奏:故人の好きだった曲を流したり、生演奏をしたりします。 5.経歴紹介:故人の経歴を紹介します。 6.スライド上映:スライドを観て、故人との思い出を振り返ります。 7.弔電の紹介:届いた弔電を読み上げます。 8.感謝の言葉:遺族代表が参列者に向けて感謝の言葉を述べます。 9.献花:遺族、親族、参列者の順で、一人ずつ花を供えていきます。 10.お別れ:全員で故人とのお別れを行います。 11.閉式の言葉:司会者が閉式を告げ、葬儀を終えます。 12..出棺:葬儀後は出棺し、火葬場へと向かいます。 13.会食:火葬の後に会食を行う場合もあります。 無宗教葬儀の費用 無宗教葬儀にかかる費用は、どのような演出を行うかによって大きく異なり、一般的には約100万〜200万円が相場と言われております。 無宗教葬儀は宗教者を呼ばないので、その分、お布施などの出費を抑えることが可能です。 しかし、段取りの自由度が高いことから、演出によってはかえって高額となるケースも少なくありません。 無宗教葬儀で必要となる主な費用の内訳は、下記の通りです。 ・葬儀場の使用料 ・待合室の使用料 ・火葬場の使用料 ・棺代 ・遺体の保全費用 ・搬送費 ・祭壇費 ・お花代 ・供物代 ・受付用品代 ・遺影写真作成費用 ・霊柩車などの車両費用 ・司会者などの人件費用 ・香典返しや会葬礼状費用 ・通夜振る舞いや会食費用 ・その他オプション費用 etc… 上記以外にも、葬儀社のプランによっては他の費用が発生します。 また、演出内容をイベント会社などに依頼した場合はさらに費用が必要となるため、しっかりと見積もりを確認すると安心です。 無宗教葬儀を行なうときの注意点 無宗教葬儀の服装 無宗教葬儀とはいえ、故人を悼むため執り行うことに変わりありませんので、故人を送る場にふさわしい服装が求められます。なので、服装については通常の葬儀と同じと考えると良いでしょう。 特に遺族の場合は、参列者よりもくだけた服装にならないように注意しましょう。 また無宗教の場合は「喪服ではなく平服で」「故人が好きだった●色を身につけてほしい」など、参列者にリクエストすることも可能です。ただ、過度な負担を強いないよう気をつけましょう。 男性の場合 基本は準喪服と呼ばれるブラックスーツを着用します。 黒いビジネススーツとブラックスーツとでは、生地の光沢などが異なりますので、遺族の場合はフォーマルのブラックスーツを着用しましょう。 ワイシャツは白。ネクタイ、ベルト、靴、靴下はすべて黒で統一します。 ネクタイピンをつける場合は、光る素材のものは控えましょう。 喪主の場合は、さらに格上のモーニングコート、紋付と黒の羽二重、五つ紋の羽織袴という和装でもまったく問題ありません。 女性の場合 男性と同様に、準喪服と呼ばれる黒のワンピース、アンサンブル、スーツを着用します。ストッキングやタイツも黒を選びましょう。 胸元が大きく開いたものは避け、スカートの丈は膝が隠れるくらいより長いものを選ぶと良いでしょう。 アクセサリーは結婚指輪と“涙の象徴”とされるパールのネックレスなど以外は、基本的につけないほうが良いです。ハンカチは黒か白のものを用意しましょう。 また、喪主や故人の妻という立場なら、より格上の黒紋付に黒無地の帯という和装でも問題ありません。足袋は白、草履やバッグは黒で統一します。 なお、無宗教の葬儀では、焼香を行わないケースが少なくありませんが、念のため、数珠は用意しておいてもよいでしょう。 菩提寺とのトラブル 無宗教葬儀の場合、付き合いのあるお寺、菩提寺との間でトラブルが起きる可能性もあります。 宗派の教えに沿った葬儀を行わない場合、家族のお墓に納骨できない可能性があります。 無宗教葬儀を選ぶときには、こういった点についてもよく考えてから行いましょう。 菩提寺があるにもかかわらず、無宗教葬儀をしたいと考えている場合は、事前に菩提寺とよく話し合うことが大事です。 まとめ 今回は無宗教葬儀の内容や流れ、費用についてご紹介させていただきました。 無宗教葬儀は、宗教の儀礼や慣習に縛られることなく、故人の遺志や遺族の希望を盛り込めるといった理由から、近年人気が高まっている葬儀の形です。 しかし、宗教的要素を排除することで、菩提寺との関係性が悪くなったりと、周囲から強く反対されたりすることも少なくありません。 ですので、無宗教葬儀を執り行う際は、流れやお骨の供養に関してしっかりと調整をしたうえで実施すると良いでしょう。 身内のみで無宗教葬を行う予定の方へ 無宗教葬を行う方の中には、身内のみでゆっくりと葬儀を行いたいとお考えの方もいらっしゃいます。 身内のみで葬儀を執り行うと、ご葬儀に参列できなかった故人のご友人や知人の中には、お別れしたかったけれども諦めざるを得なかった方も出てきてしまいます。 ご葬儀を終え、落ち着いてから皆様をお招きして偲ぶ会を開くという方法もありますが、昨今の新型コロナウイルスの心配や、金銭面の不安、皆様にお集まりいただく手間を考えると、偲ぶ会を催すのも気が引ける方もいらっしゃるかと思います。 そこで、無宗教葬の後、無料で開催できるオンラインの偲ぶ会「葬想式」をご紹介します。 葬想式とは   葬想式は3日限りの追悼サイトを無料で作れるサービスです。SNSやメールで招待した人がサイトにアクセスできます。開式から72時間、思い出の写真や故人宛のメッセージを匿名で投稿することができ、相互に閲覧できます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 「葬想式」が無料の理由 ! 無料のサービスなのでご利用の際に不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。葬想式では3日間に渡って参加者同士思い出を共有しあい、思い出の写真やメッセージが寄せられます。そのメッセージや写真は開式から3日間が経過すると消えてしまいます。デジタルデータは劣化せずに半永久的に残せるという強みがありますが、大切な人との死別に際してそれが本当に良いことなのか、問い直しました。鮮明なデータが半永久的に残るというのは、大切な人が生きていた日常から、もう会えない日常へと移り行く際に足かせになってしまうのではないかと危惧しています。そこで、葬想式で集まった写真やメッセージを紙媒体のアルバムを販売するというオプションサービスを提供しています。もちろんこれはオプションなので希望者のみの購入となります。葬想式のシステム自体のご利用は無料です。これが葬想式の開式が無料である理由です。 葬想式の発起人である私がこんなことを言うのも少々違和感があるかもしれませんが、やはりリアルでの体験をデジタルで置き換えることはできません。葬想式はリアルの代替を目指しているのではなく、リアルの中で抜け落ちてしまう部分を補完することを目的としています。感染症の影響・物理的な距離や時間。このような障壁を乗り越えることができるのはデジタルの強みです。また、自分の知らない故人の一面や、誰かの記憶にある故人との思い出を一斉に知ることができるという体験はデジタルならではです。 どうしても対面での偲ぶ会が難しい時に、葬想式をご活用いただき、素敵なお別れのひと時をお過ごしいただけますと幸いです。 スマートフォンの操作が不慣れな方にもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。招待の文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む
無宗教葬の供養の仕方について解説!仏壇は買う?法要はする?
無宗教葬の供養の仕方について解説!仏壇は買う?法要はする?
故人とのお別れを自由なスタイルで行うことが出来る無宗教葬儀。 無事終えたものの、仏壇は買うのか、法要はするのかなど、葬儀後の供養の方法について不安がある方もいらっしゃるかと思います。 今回は無宗教葬儀の後の供養についてご紹介します。 無宗教葬とは 無宗教葬儀とは、「自由葬」とも呼ばれ、特定の宗派・宗教の決まった儀礼方式、伝統的な作法で葬儀を執り行わず、宗教者による読経や説教などもない自由なスタイルで、故人とお別れをする葬儀のことです。 無宗教葬儀は宗教者を呼ばないので、僧侶による読経や焼香などは行われません。なので、読経の代わりに黙祷(もくとう)や、焼香の代わりに献花を行うことが主流となっています。 また、故人の好きだった音楽をかけたり、プロの司会を依頼するなど、自由なやり方で故人を見送ることができるのが特徴です。 無宗教葬後の供養方法 納骨(お墓) 納骨や埋葬方法は一般的な場合と変わらず、無宗教でも霊園や納骨堂等に納めます。 また、散骨や樹木葬を選ぶこともできますし、無宗教でも宗教/宗派を問わず利用できるお墓に納骨・埋葬することも可能です。以下、無宗教でも選べるいくつかの納骨法をご案内します。 永代供養 永代供養とは、永代供養墓がある寺院や霊園などが、ご遺族に代わって故人の遺骨を管理する供養方法です。 宗旨・宗派を問わず、お墓を建てる必要もないので、一般のお墓での供養に比べて費用を抑えることができます。 また、お墓の管理を任せられるので、お墓の後継人がいないという方に最適です。 海洋散骨 海洋散骨とは、海にパウダー状にした遺骨を撒く供養方法です。 遺骨のすべてを散骨することもできますし、一部を散骨して、一部を手元に残し供養することもできます。 自然への埋葬を希望する方が増えており、お墓への埋葬に比べて維持費もかからず、宗教やしきたりにとらわれることがありません。 また、納骨は四十九日法要の時期に行うのが一般的ですが、無宗教葬の場合は特に法要を行う必要はありません。 儀式的に行いたい場合は、追悼式や記念式という形をとることもできます。 散骨後の供養としては「節目に散骨した海を訪れる」「毎日海に向かって手を合わせる」など様々です。葬儀社による法要クルーズなどもあります。 宗教を問わない墓地 お寺には宗派が決まっていると一般的には捉えられがちですが、宗教を問わないお寺の墓苑や霊園もあります。 菩提寺が宗派を厳格に守るお寺だった場合、宗派の作法に則った葬儀をあげていない方の納骨を拒むことが多いので、宗派を問わないタイプの墓地や霊園を選ぶことをお勧めします。 宗派とは無関係な墓地を選んで納骨することにより、このようなトラブルは起こらなくなります。 公営の墓地 予算をなるべく抑えて墓地を購入したい場合は、公営の墓地を選択するとよいでしょう。 公営の墓地には指定の宗教・宗派がありません。無宗教葬を行った方でも問題なく納骨できるため、葬儀後の流れも比較的スムーズです。 公営墓地でも設備の内容は場所により異なるので、いくつかの候補を見比べてみると良いでしょう。 樹木葬 樹木葬とは、墓石ではなく樹木を墓標として納骨するものです。 日本の場合は基本的に遺骨を地中に納骨し、その上に樹木を植える形となります。宗教宗派を問わない埋葬方法のため、無宗教の葬儀を希望する方にも人気な供養のひとつです。 仏壇 無宗教葬の場合も、位牌を用意することはできます。 ただし、無宗教では戒名を入れるのではなく、生前の故人の名前(俗名)を入れることになります。また、開眼供養(位牌の魂入れ)は無宗教では行わないことが多いです。 無宗教葬では神棚や仏壇、御本尊は不要という方が多く、仏壇は設けず、手元供養のための小さな祭壇と遺影で日々故人を偲ぶという方が多いです。 法要 無宗教葬を行った場合、法要をする必要はありません。 遺族等が希望するようでしたら、無宗教でも一周忌や初七日や四十九日など、仏教で行われるような定期の場を設けることはできます。 お経(読経)のような儀式をせずに、出席者が会食して故人を偲ぶということも可能です。 まとめ 今回は無宗教葬儀のその後の供養の方法についてご紹介しました。 無宗教葬儀を行った場合の制限はありますが、一般的な供養のように、お墓や仏壇を買うこともできますので、この記事を参考にご検討していただけたら幸いです。 身内のみで無宗教葬を行った方へ 無宗教葬を行う方の中には、身内のみでゆっくりと葬儀を行いたいとお考えの方もいらっしゃいます。 身内のみで葬儀を執り行うと、ご葬儀に参列できなかった故人のご友人や知人の中には、お別れしたかったけれども諦めざるを得なかった方も出てきてしまいます。 ご葬儀を終え、落ち着いてから皆様をお招きして偲ぶ会を開くという方法もありますが、昨今の新型コロナウイルスの心配や、金銭面の不安、皆様にお集まりいただく手間を考えると、偲ぶ会を催すのも気が引ける方もいらっしゃるかと思います。 そこで、無宗教葬の後、無料で開催できるオンラインの偲ぶ会「葬想式」をご紹介します。 葬想式とは   葬想式は3日限りの追悼サイトを無料で作れるサービスです。SNSやメールで招待した人がサイトにアクセスできます。開式から72時間、思い出の写真や故人宛のメッセージを匿名で投稿することができ、相互に閲覧できます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 「葬想式」が無料の理由 ! 無料のサービスなのでご利用の際に不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。葬想式では3日間に渡って参加者同士思い出を共有しあい、思い出の写真やメッセージが寄せられます。そのメッセージや写真は開式から3日間が経過すると消えてしまいます。デジタルデータは劣化せずに半永久的に残せるという強みがありますが、大切な人との死別に際してそれが本当に良いことなのか、問い直しました。鮮明なデータが半永久的に残るというのは、大切な人が生きていた日常から、もう会えない日常へと移り行く際に足かせになってしまうのではないかと危惧しています。そこで、葬想式で集まった写真やメッセージを紙媒体のアルバムを販売するというオプションサービスを提供しています。もちろんこれはオプションなので希望者のみの購入となります。葬想式のシステム自体のご利用は無料です。これが葬想式の開式が無料である理由です。 葬想式の発起人である私がこんなことを言うのも少々違和感があるかもしれませんが、やはりリアルでの体験をデジタルで置き換えることはできません。葬想式はリアルの代替を目指しているのではなく、リアルの中で抜け落ちてしまう部分を補完することを目的としています。感染症の影響・物理的な距離や時間。このような障壁を乗り越えることができるのはデジタルの強みです。また、自分の知らない故人の一面や、誰かの記憶にある故人との思い出を一斉に知ることができるという体験はデジタルならではです。 どうしても対面での偲ぶ会が難しい時に、葬想式をご活用いただき、素敵なお別れのひと時をお過ごしいただけますと幸いです。 スマートフォンの操作が不慣れな方にもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。招待の文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む
お別れ会・偲ぶ会を知らせる案内状の例文をご紹介
お別れ会・偲ぶ会を知らせる案内状の例文をご紹介
 お別れ会・偲ぶ会は、葬儀・告別式を終えたあと、故人と親交のあった友人・知人、会社などの関係者にたいし、あらためて開催する送別会です。 近年、家族葬などの小規模なお葬式がふえていることに伴い、後日、故人と親しかった方がお別れするための機会をもうけたい、というご要望も高まりつつあります。故人が突然亡くなった場合や、遠方のため参加できなかった人々にとっては、思い出を語りあったり、往時のすがたを偲ぶことにより、故人の死を受けいれることができるようになります。参加者の反応によっては、主催する側の心の整理にもつながります。 ここでは、お別れ会を主催する場合の案内状の書き方をご紹介します。 お別れ会・偲ぶ会の案内状の種類は? お別れ会や偲ぶ会に使用する案内状は、封筒のなかに「二つ折りカード+返信用のハガキ」をいれるパターンが一般的です。ほかに「単カード+返信用のハガキ」のパターンもあります。 二つ折りカード、単カードに優劣の差はないようですが、二つ折りのほうが相手に丁寧な印象をあたえます。それでも、どちらを選べばよいか判断がつかない場合は、郵送費の予算や、カードにしるす情報の量(文面)によって決めましょう。 いずれのカードも、片面に文章を記載し、裏に情報はのせないようにします。二つ折りカードは見開きにしたとき、案内文のほかに会場の案内図まで一覧できればベストです。返信用ハガキは出欠確認のために欠かせないものなので、忘れず同封しましょう。略式で往復はがきを使用することもあります。 開催時期が、喪が明けていない四十九日以内になる場合は、薄墨でしるす、弔事用の切手をはることなどに気をくばるとよいでしょう。 お別れ会・偲ぶ会の案内状に記すべき内容について ①お別れ会・偲ぶ会の目的 まずは、誰とのお別れ会なのか、また、参加者が趣味の仲間や同級生といった範囲に限定されるのであれば、始めにその旨を明記します。 ②時候の挨拶 案内状の文頭に、季節にあった時候の挨拶を記載しましょう。 ③感謝の言葉 喪主や遺族が主催する場合、生前に故人とお付き合いしていただいたことに対する感謝の言葉を書きます。 ④開催日時 お別れ会は、故人が亡くなってから49日までに開催することが一般的です。といっても、時期が限定されるものではないため、年忌法要にあわせることも可能です。 名称も「お別れ会」「送る会」「偲ぶ会」など、さまざまですが、開催時期が一周忌にちかづくにつれて「偲ぶ会」とよぶ傾向があります。 ⑤開催場所 会の規模にもよりますが、一般的に、料理の配膳になれており、音響設備がととのっている高級レストランや有名ホテルが利用されます。小規模であれば「お別れ会をしたい」旨をつたえ、セッティングになれているレストランを貸し切ってもよいですね。 ⑥会費・香典の有無 お別れ会の費用は、遺族が負担するか、会費制が一般的です。参加者によっては「香典を持参した方がよいのではないか」と考える人もいます。参加者に気をつかわせないためにも、案内状には具体的に会費を記載するのが親切です。香典を辞退することを伝えたい場合は、明記しましょう。 ⑦目的に沿ったドレスコード お別れ会は、葬儀のように格式ばった服装で行われることが少ないため、「平服」でよいということを記載しましょう。平服は、礼服よりも自由度が高いフォーマルな服装を指します。男女ともに喪服は選ばず、男性ならスーツ、女性ならワンピースやスカートのスーツといったスタイルが、お別れ会に参加するときの一般的な平服です。とはいえ弔事なので、派手な色味の服は避けます。 案内状の例文 遺族から故人の友人を招待する場合(二つ折りカード)の例文 遺族から故人の友人を招待する場合(単カード)の例文 発起人から招待する場合(二つ折りカード)の書き方 お別れ会の案内状で気を付けるポイント 案内状の種類や、誰がお別れ会の主催をするのかによって文面がかわりましたね。特に、発起人をたてたり、実行委員会形式でおこなう場合は、遺族の意向もふまえて開催する必要があるため、文章にも気をくばりましょう。 また、日本の正式な文書には、いくつか決まりがあります。たとえば、句読点をつかわない、縦書きにする、といったことです。現代の正式な文書では、縦書き・横書きのいずれも使用されますが、案内状には句読点をつかわないのが通例です。 招待する相手に気をつかわせたくない場合は、香典や供花を辞退することや、ドレスコードの指定、会費の設定などを明記し、つたえる必要があります。そうなると案内状の種類は、文章量が制限される単カードよりも、二つ折りカードを選ぶ方が、文面にゆとりがでてよいでしょう。 招待する側のすこしの気くばりによって、参加者の気づかいによる負担をへらすことができます。当日は、落ち着いた気持ちで、故人との思い出話に花を咲かせてもらえるといいですね。 オンラインのお別れ会・偲ぶ会のご案内 家族葬の事後報告を機に、故人が生前お世話になった方に想いを馳せることになります。お悔やみが寄せられるなど、故人の交友関係を生前以上に知ることもしばしです。 ご葬儀に参列できなかった故人のご友人や知人の中には、お別れしたかったけれども諦めざるを得なかった方もいらっしゃいます。ご葬儀を終え、落ち着いてから、皆様をお招きして偲ぶ機会をおつくりすることも可能です。 とはいえ、昨今の新型コロナウイルスの心配や、皆様にお集まりいただく手間を考えると、偲ぶ会を催すのも気が引ける方もいらっしゃるかと思います。 ここでは、家族葬の事後報告の後、3日で消える追悼サイト作成サービス「葬想式」を活用した非対面のお別れ会・偲ぶ会を開催する方法をご紹介します。 葬想式とは   葬想式は3日限りの追悼サイトを無料で作れるサービスです。SNSやメールで招待した人がサイトにアクセスできます。開式から72時間、思い出の写真や故人宛のメッセージを匿名で投稿することができ、相互に閲覧できます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 「葬想式」の招待の方法 葬想式には「招待ボタン」があり、そこから招待URLを発行することができます。 招待文のテンプレートもご用意しておりますが、ここでは家族葬の事後報告をした後に葬想式のご案内をおくるというという場面を想定した招待文をご紹介します。 招待文例 ◇◆故 〇〇 葬想式のご案内◆◇ (時候の挨拶) この度〇〇の「偲ぶ会」としまして【葬想式(そうそうしき)】を下記の通り執り行いたく存じます 新型コロナウイルスの心配や 遠方にお住まいの方のご事情もあり このような偲ぶ会の形となりますこと ご理解ください もしもお時間がありましたらスマートフォンやパソコンから故人との思い出ばなしをコメントしていただいたり写真を共有し合い 生前お世話になった皆さまと想いを馳せる時間 をいただけましたら幸いです ■日時 〇年〇月〇日(〇)〇時より〇日(〇)〇時まで ■参加方法 時間になりましたら、下記のURLからご参加ください 「葬想式」が無料の理由 ! 無料のサービスなのでご利用の際に不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。葬想式では3日間に渡って参加者同士思い出を共有しあい、思い出の写真やメッセージが寄せられます。そのメッセージや写真は開式から3日間が経過すると消えてしまいます。デジタルデータは劣化せずに半永久的に残せるという強みがありますが、大切な人との死別に際してそれが本当に良いことなのか、問い直しました。鮮明なデータが半永久的に残るというのは、大切な人が生きていた日常から、もう会えない日常へと移り行く際に足かせになってしまうのではないかと危惧しています。そこで、葬想式で集まった写真やメッセージを紙媒体のアルバムを販売するというオプションサービスを提供しています。もちろんこれはオプションなので希望者のみの購入となります。葬想式のシステム自体のご利用は無料です。これが葬想式の開式が無料である理由です。 葬想式の発起人である私がこんなことを言うのも少々違和感があるかもしれませんが、やはりリアルでの体験をデジタルで置き換えることはできません。葬想式はリアルの代替を目指しているのではなく、リアルの中で抜け落ちてしまう部分を補完することを目的としています。感染症の影響・物理的な距離や時間。このような障壁を乗り越えることができるのはデジタルの強みです。また、自分の知らない故人の一面や、誰かの記憶にある故人との思い出を一斉に知ることができるという体験はデジタルならではです。 どうしても対面での偲ぶ会が難しい時に、葬想式をご活用いただき、素敵なお別れのひと時をお過ごしいただけますと幸いです。 スマートフォンの操作が不慣れな方にもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。招待の文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む
葬儀参列を辞退する時の連絡文例をご紹介
葬儀参列を辞退する時の連絡文例をご紹介
どうしても葬儀に参列できない時があります。 仕事の都合で葬儀に参列できない。遠方に住んでいて葬儀場までいけない。小さな子どもがいて家から出られない。 大切な人とお別れできない後ろめたさはもちろん、ご遺族に申し訳ない気持ちにもなるでしょう。 ご葬儀に参列できない旨をどのように連絡するのか、参列辞退の連絡のマナーや文例について解説します。 葬儀の参列辞退の連絡手段 電話で参列辞退の連絡をする 電話でのご連絡が最適です。 ご自身の言葉で弔意と事情を伝えることがご遺族の安心感にも繋がります。 ご遺族からすると、返礼品の用意などがあるため、早めに参列者の数を把握したいと思っています。電話は、最も早く参列辞退の旨を伝えられる手段になります。 ご遺族はご葬儀の準備に追われている時期です。電話は弔意と参列を辞退する旨を簡潔に伝えるに留めましょう。 メール・SNSで参列辞退の連絡をする 電話が難しい場合はメールやLINEなどのSNSを使っても良いでしょう。電話と同様、内容を簡潔に伝えるようにします。その際は忌み言葉(ex.重ね重ね、たびたび など)に気をつけ、絵文字の使用は避けましょう。親しい間柄だとしても、弔事であることに留意が必要です。 メール・SNSの文例をご紹介します。 お仕事や家庭の都合の場合 本来であればご葬儀に参列して、ご霊前にご挨拶を申し上げたいところでございますが、(事情を簡単に)により叶わず誠に残念でなりません 遠方から足を運べない場合 本来であればご葬儀に伺うべきところでございますが、遠方にて叶わず残念でなりません 感染症を考慮し、参列しない場合 ○○さんを直接お見送りしたかったのですが、昨今の状況を踏まえ、お伺いできず申し訳ございません 手紙・葉書で参列辞退の連絡をする できればお手紙や葉書での参列辞退のご連絡は避けましょう。郵送は到着に時間を要するため、葬儀の参列辞退のご連絡には不向きです。お電話やメール・SNSで辞退の旨を伝えた上、改めてお手紙や葉書を出すことはとても丁寧なご連絡ですのでおすすめします。 葬儀に参列できない場合の弔意の伝え方 電報(弔電)を送る 故人やご遺族にお悔やみの気持ちを伝える場合に電報(弔電)を送ります。葬儀の案内に記されている式場に送ることが一般的です。葬儀で読み上げられるため、お通夜に間に合うように送るのがマナーです。どうしてもお通夜に間に合わない場合も、葬儀・告別式までには届けるようにしましょう。葬儀が終わってから弔電を送るのは失礼になりますので、葬儀に間に合わなかった場合は、葬儀の後、お香典を郵送する際にお手紙を同封しても良いでしょう。ギリギリの到着にならないよう、訃報に接したらすぐに手配をします。 間違えやすいところですが、電報(弔電)は式場に、香典は喪家に届くよう自宅にお送りします。送り先を間違えないようにしましょう。 宛名は喪主宛に送ります。もし、喪主の方の名前が分からない場合は、「故人名ご遺族様」とします。電報(弔電)は、電話やインターネットなどから申し込めます。電報(弔電)の内容は故人に想いを馳せ、ご遺族の気持ちに寄り添ったものになるよう心掛けましょう。 供花を送る 供花は、祭壇に飾られる生花を送るのが一般的です。式場の雰囲気や祭壇に合わせるためにも、葬儀を施行する葬儀社に手配するのが安心です。 供花を送る際はご遺族に了承を得てからにしましょう。どこの葬儀屋さんに依頼しているのかご遺族に伺い、葬儀屋さんに連絡をして供花を出したい旨を伝えるとスムーズです。 お香典を郵送する お香典は現金書留で郵送します。郵便窓口で香典を送る旨を伝えると、香典袋用の書留封筒を用意してもらえます。それにお手紙を同封しましょう。 現金書留ですと、指定の日時に届き受け取りが必要になります。葬儀当日は避け、2日後以降、1週間以内に到着するように指定しましょう。 金額は、4「死」や9「苦」の数字が含まれないよう注意し下記の相場を参考にしてください。 ①親族の場合:約10,000円~100,000円 ②知人・友人の場合:約5,000円~10,000円 ③近所・職場の場合:約3,000円~10,000円 葬儀に参列できず、お別れを諦めてしまった方へ 非対面・距離と時間を越えた偲ぶ会 葬儀に参列できない場合、大切な人とのお別れを諦めることになります。 人によっては心残りが長く続いたり、遣る瀬無さや無力感に襲われる方もいらっしゃるでしょう。 同じような思いを持った共通の知人や友人もいるかもしれません。 何かしたいけど何もできない、という方は3日限りの追悼サイトを無料で作成できるサービス「葬想式」の利用をご検討ください。   葬想式は葬想式は招待制の追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能です。他の参加者が投稿した写真やメッセージも見ることができます。 参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 故人様に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことも立派な弔いの形です。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? しかし、誰かが主催者として利用登録をしなければこの場は立ち上がりません。葬想式はご遺族に限らず、ご友人も主催することができます。 「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれません。基本的に、葬想式をご利用の際にはご遺族に一報を入れていただくことを推奨しておりますが、万が一連絡が取れない場合はご友人の一存で開式しても良いというスタンスで運営しております。悲しみに優劣はなく、血縁の有無によって弔いの機会の有無が決まってしまわないようにという願いを込めているからこその運営方針です。 ご遺族にどんな連絡をしたらいいかわからない、招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 本記事が大切な人とのお別れを諦めない一助になりましたら冥利に尽きます。
続きを読む
法事はいつまでやれば良い?何回忌までか迷っている方必見!
法事はいつまでやれば良い?何回忌までか迷っている方必見!
大切な親族が亡くなると、定期的に法事が催され、僧侶を招いて供養します。 今回は、法事はいつまで(何回忌まで)やれば良いのかと迷っている方へ、検討する上で頭にいれておいていただきたいことをお伝えしていきます。 そもそも、法要と法事の違いって? 法要とは、亡くなった方の冥福を祈って供養をする仏教の儀式です。法要の際には、知人や友人が参列して、僧侶にお経をあげてもらいます。 宗教や宗派によって考え方は異なりますが、浄土真宗では亡くなったと同時に極楽浄土へと導かれると考えられ、浄土真宗においての法要は、故人を偲び遺族が仏の教えを聞く場として行われます。 この法要後に行う会食も含めると「法事」と呼びます。 法要は仏教行事のみをさし、法事は会食を含めた一連の供養を指すと覚えましょう。 余談になりますが、キリスト教では「死=神の下に還ること」と考えられているため、仏教のような「供養する」という考え方がありません。しかし、仏教の法事・法要にあたる追悼儀式は存在し、故人様をしのぶ「追悼ミサ」や「記念集会(記念式)」を行います。 葬儀後の法要一覧 年忌法要 内容 一周忌 亡くなってから1年目の命日に行う。年忌法要の中でも最も重要とされ、僧侶による読経・焼香といった宗教儀礼の後、親族や生前に深い関係があった方などを招き食事会を催すのが一般的。 三回忌 亡くなってから3年目の命日に行う。一周忌に比べると、小規模に行われることが最近は増えている。 七回忌 三回忌以上に小規模になることが多く、家庭によっては行わない場合も少なくない。この七回忌の七という数字は仏教的に重要な意味を持ち「六道」という仏教の輪廻思想において、死後に赴くべき六つの世界を超えたことを意味する。 十三回忌 亡くなってから13年目の命日に行う。現在では、命日の近い他のご先祖様とまとめて法要を執り行ったり、執り行い家庭が増えている。 十七回忌 二十三回忌 三十三回忌 亡くなってから33年目の命日に行う。三十三回忌では弔い上げをするようになっており、以後の年忌供養は執り行わないようになる。 三十七回忌 四十七回忌 五十回忌 亡くなってから、49年目の命日に行う。三十三回忌弔い上げをしていない場合、五十回忌で弔い上げを行う。この五十回忌を堺に、生前に犯したどんな罪も許され、極楽浄土へ旅立つことができると言われている。 百回忌 年忌法要はいつまでやればいい?? 四十九日法要・一周忌・三回忌など全てをきちんと行う方もいれば、一周忌のみ行う、あるいは法要は行わないという方もいらっしゃいます。年忌法要は絶対に行わなければならない法要ではありません。 生活状況や世代交代、居住地が離れていたりなど、定期的にご親族の予定を合わせることが困難な場合も多いでしょう。故人・ご先祖様を供養するという点で考えれば、お仏壇に手を合わせたり、お花・供物を供えたり、各家庭でお墓参りに行くだけで十分だと思います。 ただし、親族間で揉めない様に、「一周忌は菩提寺の読経だけで済ませます」「三回忌は行いません」などの連絡は必ず取り合うことをおすすめします。 お葬式後の法要に対する考え方は様々です。菩提寺との関係や地域性も多少はあると思いますが、基本的に「法要を行うかか?」「いつまで続けるか?」は、ご家族が自由に判断されると良いと思います。 仏教では、三十三回忌を過ぎると、故人がご先祖様の仲間入りをすると言われているので、一般的には三十三回忌を「弔い上げ」として盛大に行い、これをもって法要を終えることが多いです。 特筆すべき年忌法要については、先程の章で解説しておりますのでそちらをご参照ください。 何回忌から平服にしてもいい? 年忌法要は基本的には喪服を着用するのがマナーです。 ですが、法要の案内に「平服でお越しください」と記載があった場合は、案内に従って平服で行くのが良いでしょう。 三回忌までは喪服で行、それ以降は平服でもよいと考えるご家庭もありますので、その点は柔軟にご家族で判断の上、参列者に周知すれば問題ないでしょう。 まとめ 今回は、法事はいつまで(何回忌まで)行うかを判断するための補助線となる情報をお伝えしました。 本記事が大切な人のご供養を考える上でお役に立てましたら冥利に尽きます。 法事を機に、お世話になった皆様と偲ぶ 故人様のご逝去から月日が経ち、少し落ち着いてきたタイミングで ご葬儀に呼べなかった方も含めて故人様との思い出を振り返り、メッセージを綴る という一周忌の過ごし方はいかがでしょうか? 特にご葬儀を身内のみで小さく執り行われた方の中には、故人様と生前関わりがあった方々へのご連絡で心苦しい思いをされた、ご葬儀の時は慌ただしく満足にご挨拶ができなかったと心残りをお持ちの場合も少なくありません。また、ご友人としては訃報を耳にし、 何かしたいけど何もできないという境遇に置かれ、遣る瀬なさを抱えている 方も少なくないでしょう。 そこで、弊社が運営する 3日限りの追悼サイト作成サービス 葬想式をご紹介させていただきます。   葬想式は招待制の追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能です。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 時節柄、大勢が集まる事を避けるため身内のみの小規模なお葬式を選ばれた方に、人数無制限という葬想式の特性が役立ちます。 年忌法要を口実に、少し落ち着いてきたタイミングで葬想式を開式する事で生前お世話になった皆様とゆっくりと偲ぶ時間をお過ごしいただくことができますので、是非ご検討ください。 招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。
続きを読む
無宗教の葬儀の流れは?自由な葬儀の内容について解説
無宗教の葬儀の流れは?自由な葬儀の内容について解説
親が生前「自分の葬儀は無宗教葬にしたい」と話していて、いざ親が亡くなったとき、スムーズに手配などはできるでしょうか。多くの方は仏式の葬儀しか経験したことがないかと思います。今回は、無宗教葬の一般的な流れについて見ていきます。 無宗教葬とは 無宗教葬とは、故人の意思により、特定の宗教・宗派の決まった方式や伝統的な作法ではなく、自由なスタイルで行う葬儀のことです。仏式の葬儀であるような読経や焼香などはもちろんありません。その代わりとして、黙祷や献花を行うのが主流となっています。故人の好きだった音楽をかける音楽葬や、ホテルで行うホテル葬なども行われており、なかにはプロの司会やナレーションを依頼して行うこともあります。 無宗教の式次第を決めるのは誰? 無宗教葬の場合は、決まった形式がないため、自由に式次第を決められます。そうはいっても、経験がなければ0から決めるのは難しいでしょう。故人の生前に示した意思に沿って骨組みを考えつつ、葬儀社に相談しながら決めていくことをお勧めします。 無宗教葬の流れ・内容の例 ここでは、無宗教葬における流れ・内容の例をご紹介します。 1.参列者の入場:故人の好きだった曲を流す演出や、生演奏など。 2.開式の言葉:司会者が開式を告げます。 3.黙祷 4.弔電:司会者が送られた弔電を読み上げます。 5.献奏:故人の生前の様子をまとめた映像や音楽を流します。 6.感謝の言葉:喪主から参列された方への感謝の挨拶です。 7.献花:遺族、親族、参列者の順番に献花をします。故人の好きだった曲を流しながら行うこともできます。 8.お別れ:全員で故人とのお別れを行います。 9.閉式の言葉:司会者が閉式を告げます。 無宗教葬の流れ・内容を決めるときの注意点 無宗教葬の流れ・内容を決めるときは、いくつか考慮すべきことがあります。 葬儀に参列する親族の理解 1つ目は、親族の理解です。特に年配の方ですと、葬式は仏式など宗教のルールに従って行うべきだと考える方が多いです。また、先祖代々の墓があって菩提寺もある場合はトラブルになることもあるかもしれません。 無宗教葬の内容の企画方法 2つ目は内容の企画についてです。宗教的な縛りがなく演出の自由度が高い分、何をしたいのかが明確でなければ企画は難しくなります。故人がどんな人だったか、故人はどんな葬儀を望むか、参列者にはどんな気持ちになって帰ってほしいか、様々な目線から想像・検討した上で企画しなければ「なんだかよくわからない、締りのない葬儀だった」と感じてしまう参列者もでてきてしまいます。 参列する方への配慮 3つ目は参列する方への配慮です。無宗教葬は、仏式などによる葬儀に比べるとまだ一般的とはいえません。ですので、葬儀=仏式と考えている方にとっては、無宗教葬は未知の葬儀です。参列する方にとって経験が無いことが多く、戸惑ってしまうかもしれません。事前に十分な説明がないと、参列者は「この後は何をするのだろうか?」と混乱してしまう可能性もあります。 まとめ いかがでしたでしょうか。今回は、一般的な無宗教葬の流れについて解説してきました。あまり縁のない方も多いであろう無宗教葬ですが、故人の意思をしっかり汲むということが一番だと思います。ここで無宗教葬について知られた方は、ぜひ周りの方にもシェアしていただけたらと思います。
続きを読む
供花を連名で送るには?同級生・有志・夫婦など関係性別にご紹介
供花を連名で送るには?同級生・有志・夫婦など関係性別にご紹介
仲の良い友人やお世話になった上司、学校の同級生など、大切な人が亡くなったとき、弔いの気持ちをあらわすために、供花やお香典を送りたいと思うことがあるかと思います。 本記事では、供花を送る際、どのようなことに気をつける必要があるのか、解説していきます。 供花とは  供花は、ご冥福の祈りをこめ、お供えする花のことです。一昔前は、会場の入口に造花の花輪がおかれていましたが、現在は会場内に設置される生花が一般的です。式場をかざりつける役割があるとともに、出棺前の故人とのお別れのとき、顔まわりなどにそえられるお別れ花として使用されます。  葬儀に不可欠なものではないですが、遠方で参列できないときや、故人と親しい間柄である場合に弔意をあらわすために贈ります。  スタンド式となっているものがおおく、高さがあり、名札がつけられて贈り主の名前が表示されます。祭壇のわきに置かれるか、供花の数が多いときは、会場の壁にそって並べられます。以前は、2基のセット(一対)で送るものとされていましたが、近年は、一基のみで送ることが一般的です。 供花の手配の手順 1、供花を送ってもよいかどうか、葬儀社に確認をとる 近年、増えている「家族葬」の場合、供花を辞退されることが増えています。まずは、供花を送ってよいか、担当する葬儀社に確認しましょう。その際、注意すべきことがあります。遺族は、死や葬儀という非日常の経験に直面し、さまざまな判断をもとめられるなかで、混乱した状況にあります。ですから遺族に直接、確認をとるのはひかえ、葬儀社に確認することがのぞましいといえます。その際、贈り主と故人の関係性をはっきりと伝えることが大切です。 2、生花店に花を頼みたい場合は、その旨を葬儀社に伝え、確認する  供花を受けつけている場合は、そのまま葬儀社に依頼します。もし、特定の生花店に依頼したい場合は、葬儀社にその旨を確認しましょう。なぜなら、葬儀社によっては他店の供花が利用できないことがあるためです。  葬儀社の提案や喪主の意向により、生花代として寄せられたお金を、全て祭壇上の生花代に充てるケースもあります。その際、生花を送った人の名前は、式場の芳名版に記載されます。つまりこのケースでは、祭壇の脇に飾るための生花を送っても、葬儀の邪魔になるだけ。注文する前に、葬儀社への確認は必須です。 3、値段や数、支払いの方法やタイミングについて確認する 生花の受付は電話のみでなく、インターネットやFAXでおこなっているところもあります。葬儀社のHPなどで供花の種類や値段について確認できなければ、電話で問いあわせ、支払いの方法・タイミングも確認しましょう。相場をこえると遺族に気をつかわせることになるので避けます。  供花の到着日時は、お通夜や葬儀の直前にならないようにしましょう。お通夜開始の3時間前までに式場へ届くのが理想です。 4、送る側のメンバーをしっかりと確認する 友人一同や団体の名義で送る際は、周囲の人に連絡をとり、手配ミスなどのトラブルが起きないよう注意しましょう。 関係性別の供花の札名の書き方 親族から供花を送る場合  親族から供花を送る場合は、「〇〇家一同」「〇〇家親族一同」とするのが一般的です。兄弟、子供、孫のケースも「〇〇一同」とします。人数が少なければ名前をつらねることもあります。その場合は、目上の人から順に右から左に書きます。 友人/同級生/有志から供花を送る場合  友人/同級生から送る場合は、「友人(有志)一同」とするのが一般的です。どのような集まりなのかを示したいのであれば、「〇〇高校◇◇部 部員一同」などと学校名やクラス、部活などの名称を入れてもかまいません。  連名で個人名をだす場合は、4名までが妥当でしょう。あまり多すぎると名札の文字がちいさくなり、参列者席から名前を確認できなくなります。 会社から供花を送る場合  会社から供花を送る場合は、どこからお金が出るのかを社内で確認し、会社負担、部署ごと、有志のいずれにあたるのかを把握しておく必要があります。そのうえで、それに相応しい記名をすることが大切です。  会社が負担する場合は「株式会社〇〇 代表取締役社長 ◇◇ ◇◇」と、正式な会社名、代表者の役職、氏名を書きます。  部署ごとになる場合は「株式会社〇〇 △△部一同」と明記します。有志の場合は、部署名のあとに「有志一同」とします。  複数名を連名にする場合は、メンバーや漢字表記をしっかり確認し、記載ミスのないようにしましょう。注文時は、口頭でつたえるより、書面に残すほうが文字の間違いはへらせます。 夫婦から供花を送る場合  ご夫婦で送る場合は、一般にご主人の名前のみを記載します。ご夫婦ともに故人との仲が深いとしても、家から出している、という意図があります。  連名にすると別居・離婚しているように見られる、という説もありますが、一方で「妻側の知人や親族だった場合、夫の名前だけでは誰からの供花か分からない」という意見も。 夫婦連名で出したいときは、「佐藤太郎 花子」と、名字の下に2つ名前が並ぶようにしましょう。夫婦であることが伝わります。 連名で供花を送る場合  「〇〇一同」とせず、個人の連名で送る場合は、フルネームにします。それぞれに肩書きがある場合は、こちらが序列を指定する必要があります。同級生などで序列をつけるのがむずかしい場合は、五十音順にします。 まとめ 名前の順序や書き方など、さまざまなケースがあり、むずかしく思われるかもしれませんが、心配なところは、経験の豊富な葬儀社に確認するとよいです。名札を用意するのは注文を受ける方なので、故人との関係性をしっかり伝えたうえで、序列の書き方はまかせましょう。 生花店で供花を注文する場合の注意点は、使われる花の種類が葬儀社によって違いがあったり、地域や宗派によって使わない花があったりするので、統一感をだすために望ましい花の種類を確認しておくことです。また、名札を用意してくれるかどうかも重要です。 遺族が供花を辞退している場合や、間に合わなかった場合には、後日、自宅に生花のアレンジメント等を送付すると、弔意が伝わります。 ご葬儀に参列できず、気持ちが落ち着かない方へ 本記事をご覧になった方の中には大切な人のご葬儀に参列できず、せめてもの気持ちで供花を贈ろうとお考えの方もいらっしゃるかと思います。直接お別れできない状況に対して、もどかしさや遣る瀬なさを感じられる方も少なくありません。 行き場を失った、悼む心の行き先として、無料で使える3日限りの追悼サイト「葬想式」をご紹介します。   葬想式は故人様専用の追悼サイトを作成し、メールやSNSで皆様を招待することができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 葬想式はご遺族はもちろん、ご友人も主催できます。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれません。ご利用の際にはご遺族に一報を入れていただくことを推奨しておりますが、万が一連絡が取れない場合はご友人の一存で開式しても良いという考えで運営しております。 悲しみに優劣はなく、血縁の有無によって弔いの機会の有無が決まってしまわないように という願いを込めているからこその運営方針です。 今は亡き大切な人に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことで大切な人がもう亡くなった日常へと進む第一歩になるかもしれません。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? ご遺族にどんな連絡をしたらいいかわからない、招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 本記事が大切な人とのお別れを諦めない一助になりましたら冥利に尽きます。
続きを読む
葬儀式場にペットの同伴は可能?同伴するときのマナーも解説
葬儀式場にペットの同伴は可能?同伴するときのマナーも解説
遺族が「故人が愛していたペットを、葬儀に同伴させたい」と願うのは、珍しいことではありません。しかし、ペットの同伴が可能かどうかは、式場のルールによって違ってきます。ペットの同伴を許可してもらいやすい式場の特徴や、ペットを同伴したときのマナーについて解説します。 葬儀の式場にペットは同伴できる? 一昔前までなら、「葬儀にペットを同伴させたい」などと言ったとたん、葬儀社を困らせ、親族から強く非難された可能性が高いでしょう。長らく、ペットを葬儀に同伴するのは非常識とされてきました。儀式の最中に鳴き声が聞こえたり、式場を汚したりしたら、参列者や宗教者、葬儀社に迷惑をかけてしまうといった考えがその根底にありました。 しかし、1990年代後半から始まったペットブームは、「ペットも家族」という認識を日本中に植え付けていきます。大切な家族であれば、遺族の一員として葬儀に同伴するのも当然のこと。そのような考えを持つ人も、増えてきているのではないでしょうか。最近では、だいぶ柔軟に対応する葬儀社が増えてきました。 葬儀の式場にペットは同伴できる? 葬儀の式場にペットを同伴したい場合、誰に相談すると良いかは、立場によって変わってきます。 喪主であれば葬儀社に相談する 喪主が家族の一員としてペットを同伴したいときは、葬儀社の担当社員にその旨を伝え、葬儀式場のルールを確認してもらいます。ペット同伴についてのルールが確立している式場であれば、すぐに答えをもらえるでしょう。 参列者は、特別な事情がなければ控えたい 参列者の場合、盲導犬の同伴以外の相談は、なるべく控えるのがマナーです。ただ、故人がペットの散歩仲間であり、仲の良かったペットを葬儀に連れて行きたいなど、特別な事情があるときは喪主にかけあってみましょう。ただし、葬儀社側のルールも関わってくるため、必ず叶えられるとは限りません。 ペットを同伴しやすい式場や葬儀 ペットの同伴を許可してもらいやすい式場や葬儀の形式は、以下のようなものです。 家族葬専用式場 親族だけが参列する家族葬の専用式場であれば、ペット可とするところもあります。一般参列者が訪れず、喪主の「ペットを葬儀に」という強い思いを分かってくれる人だけが集まる場だからです。 一棟貸しを行っている式場 1つの建物の中に式場を一つしか設けておらず、一棟貸しをしている葬儀式場であれば、他の家の葬儀に迷惑をかける可能性がないため、ペット可とするところもあります。 無宗教葬を行う場合 宗教儀式の最中にペットの声が響くと、式の進行に影響を及ぼす恐れがあります。その点、無宗教葬であれば、宗教者の儀式進行を乱す恐れがありません。式場側の許可があれば、宗教者の許可を必要とせずにペットを同伴できます。 自宅葬をする場合 自宅で葬儀を行うなら、ペットの同伴はもちろん可能です。誰にも気兼ねせず、ペットを大事な家族の見送りに参加させられます。葬儀の日は人の出入りが多くなるため、ペットの脱走には十分気をつけましょう。 ペットを同伴しにくい式場や葬儀 なかには、ペットの同伴を許可しにくい式場や葬儀もあります。最初からペットの同伴を希望している場合は、以下のような式場や葬儀を避けた方がよいでしょう。 建てられてからだいぶ年数が経っている式場 ペットブームが到来する前からある葬儀式場は、ペットを可としない古いルールが残っている可能性があります。ペット同伴のニーズが増えても「前例がないから」「以前、お断りしたお客様に示しがつかないから」と、積極的にはルールを変えないでしょう。 一度に複数の葬儀が行われる大きい式場 一度に複数の葬儀が行われる大きい式場では、ペットの声が響いて、隣の式場にまで聞こえてしまう恐れがあります。参列者にはさまざまな考えの人がおり、「式場にペットを入れるなんて非常識」と捉える人も、いないとは限りません。式場へのクレームなど、トラブルにつながる恐れがあります。 寺院 ペットの同伴を禁止している寺院は少なくありません。「ペットの声は大事な儀式の進行を乱してしまう」「本堂が汚れたり、貴重な物品を壊されたりしたら困る」といった理由からです。 ただ、近年では「ペットも家族」という意識への賛同から、ペット霊園やペット火葬を手がける寺院も多くなってきました。菩提寺の本堂で葬儀をとの希望があるなら、事前に一度相談してみるのがいいでしょう。 ペット可とする式場の条件例 ペット可としている式場であっても、その条件はさまざまです。多くは「式場を汚さないこと」「他の参列者等に迷惑をかけないこと」に重点を置いて、条件が敷かれています。主な条件例は、以下の3つです。 室内犬のみOK トイレのしつけができている室内犬に限り同伴可能としているケースです。もともと室内で飼っている犬であれば式場を汚すことがないという考えからです。 室内犬の他は、ケージに収まっていればOK トイレのしつけができている室内犬の他は、ケージから出さなければ同伴可能としているケースです。ネコはいたるところで爪とぎをする恐れがありますし、小動物は所構わず糞尿をしてしまう心配がある上、脱走すると行方が分かりづらくなります。ケージに入っている限りは、粗相や脱走の可能性がなくなります。 ケージに収まっていれば、宿泊もOK 通夜や葬儀への同伴だけでなく、控室への宿泊も許可してくれるケースです。深夜は鳴き声が外へ響く恐れがあるため、一棟貸しの式場でなければ許可は難しいでしょう。 ペット可とする式場での同伴マナー ペットを同伴することが決まったら、以下の4つに気をつけましょう。 汚れや臭いに十分気をつける ペットがいる空間に慣れていない参列者もいます。犬の場合は式場に連れて行く前にシャンプーを済ませる、足の裏を丹念に拭く等して、汚れや臭いに十分気をつけましょう。ネコは爪を切り、トイレの砂をこまめにとりかえて臭い対策をします。また、ケージの周りには新聞紙を敷くなど、思いがけない粗相に備えましょう。 儀式が始まる前にペット同伴の旨をアナウンスしてもらう 気の置けない関係の人ばかりが集まる葬儀であっても、儀式前には、司会者からペット同伴の旨をアナウンスしてもらいましょう。その際、ペットと故人との関係や、ペットを大事な家族の一員と考えているなど、遺族の気持ちを伝えてもらいます。 鳴き声が儀式に影響するときは速やかに退場する 儀式中は、日常とは違う雰囲気が漂います。普段はおとなしいペットでも、不安を感じて鳴き声を出してしまうかもしれません。あまりに鳴き声が大きく、儀式に影響するときは、ペットと一時退場しましょう。ペットの気持ちを落ち着かせてから、また参列します。 かえってペットのストレスにならないか考える 葬儀の場は、いつもとは違う部屋、厳粛な雰囲気、線香の匂いなど、繊細なペットにとって不安になることばかりです。敏感な性格のペットであればなおさら、同伴がペットにとって負担にならないか考えてみましょう。ペットのことを考えて、あえて同伴しないというのも一つの方法です。 【まとめ】 葬儀にペットを同伴するのは可能ですが、式場規則や葬儀の種類、またペットの種類によっては、許可が下りないこともあります。同伴がペットのストレスにならないかどうかも、考えなければなりません。その点、自宅葬であればさまざまなことを気にせず、堂々とペットを同伴できるといえるでしょう。葬儀にペットを同伴したい人は、葬儀場の選択肢に自宅を加えてみるのがおすすめです。
続きを読む
身内を亡くした人にかける言葉は?メールの文例をご紹介
身内を亡くした人にかける言葉は?メールの文例をご紹介
故人の死を悼み、遺族にかけるお悔やみの言葉ですが、近年はメールやLINEで伝えることも多くなってきました。 今回は、身内を亡くした方にかける言葉や、メールの例文などをご紹介します。 身内を亡くした人にかける言葉の一般例 ・この度はお悔やみ申し上げます。 故人が亡くなられた悲しみと、遺された家族へ弔意を伝えるという意味 ・この度はご愁傷様です。 不幸があった人に対して強い悲しみを気の毒に思うという意味 ・哀悼(あいとう)の意を表します 亡くなった方を思うと嘆き悲しむ心持ちという意味 ・ご冥福をお祈りします 故人の死後の幸福をお祈りするという意味 キリスト教などの葬儀の場合は宗派の教義にそぐわないため、使わないようにしましょう。 身内を亡くした人に、いつメールを送るといい? メールは、読む側が自分の都合のよいタイミングで閲覧できるため、訃報を知ってすぐに送っても問題ありません。 もし、親しい人やその親族が亡くなり、時間が経ってからその事実を知ったという場合も、自分が知ったタイミングでできるだけ早くメールを送るのがよいでしょう。 身内を亡くした人へメールでかけるべき言葉は? ・お悔やみの言葉 一目でお悔やみを伝えるメールであるとわかるように、タイトルには用件を簡潔に記載しておきましょう。お悔やみを伝えるメールには「〇〇(名前)です この度はご愁傷様です」といったように、タイトルにメールの差出人や要件を記載するのがおすすめです。差出人や要件が件名にはっきりと記載されていれば、相手も安心して開封できるでしょう。 ・あなたのことを心配しているというメッセージ 遺族は葬儀の準備などに追われているので、「体を労ってください。」などの気遣った言葉を入れると良いでしょう。 身内を亡くした人へのメール文例 親しい友人の場合 〇〇様のご逝去を知り、大変驚いています。本来なら直接お悔やみに伺いたいところですが、このような形になり申し訳ありません。家族を支えなくては、と無理をしていないか心配です。あなたまで倒れては大変なので、どうか自分のことを考えて体を労ってください。私にできることがあればいつでも連絡してください。 目上の人の場合 この度は奥様ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。本来であればご弔問に伺わなければならないところ、略式ながらメールにて失礼いたします。思いがけないことで、さぞかしお力落としのことと存じますが、どうか無理をなさいませんよう。なお、ご返信への気遣いはお控えいただき、少しでもお休みください。 親族の場合 〇〇さんのこと、突然のことで驚いています。 心からお悔やみ申し上げます。 お通夜もご葬儀も家族だけでされると聞きました。 お世話になりっぱなしで本当に何もできず、申し訳ない思いです。 せめて心の中でお礼の気持ちを伝え、ご冥福をお祈りしたいと思います。 みなさんもどうか気持ちをしっかり持って、 ご無理なさいませんように。 まとめ 今回は、身内を亡くした方にかける言葉や、メールの例文などをご紹介しました。 すぐに連絡が取れるメールやLINEは、最近では弔事などでも便利な連絡方法として使われることが増えてきました。ですが、お悔やみなどで使用する場合は状況や相手との関係性を考慮して判断するのが大事でしょう。またメールにおいても、基本的なお悔やみの言葉を使い、失礼のない文面を心がけましょう。
続きを読む