葬想式のコラム
大切な人とのお別れに寄り添う情報をお届けするWebメディアです。
# 命日 記事一覧
友人の命日・一周忌に何をする?ご遺族に迷惑をかけずに偲ぶ方法をご紹介
友人の命日・一周忌に何をする?ご遺族に迷惑をかけずに偲ぶ方法をご紹介
大切な友人の命日や一周忌に何をしますか? 仏壇に手を合わせる。お墓参りにいく。故人との思い出の場所を訪れる。それぞれの過ごし方があります。 友人が亡くなって日が経ってから訃報に接することもあります。その場合、お葬式は既に済んでおり、改めて故人を偲ぶ機会はありません。故人を偲ぶために集い、顔を合わせて思い出に浸るという時間が、大切な友人を失った方の心の支えになることもしばしです。法要は近親者で執り行うことが多いですし、友人を亡くした人にとって「改めて偲ぶ機会」というのは身近に存在してきませんでした。何かしたいという気持ちがあっても、ご遺族のことを考えると何もできないと躊躇うこともあるでしょう。 ここでは、大切な友人の命日や一周忌の過ごし方についてご紹介します。 命日とは 命日とは、故人が亡くなった日のことで「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼ばれることもあります。一方、毎月やってくる故人が亡くなった日と同じ日にちが「月命日」です。つまり、命日は1年に1回、月命日は毎月1回ということになります。 命日には一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌と追善法要や年忌法要を行います。法要では近親者が集い、お寺や墓前で読経をしてもらった後、食事をとる形式が一般的です。一般的には三十三回忌を年忌の最後である「弔い上げ」とすることが多いですが、ここまで熱心に先祖供養をするご家庭は少なくなってきました。 友人の命日や一周忌に贈る物を選ぶポイント・相場 ご遺族にお供え物を贈る場合、消えものを選ぶことがポイントです。食べられるものやお線香、ろうそくなど「消費できる、ありがたいもの」を考えてお渡ししましょう。もちろんずっと手元に残る良さもありますが、多くの人が手を合わせに訪れたり、贈り物が届く場合にご遺族も保管や処分に困ってしまいます。折角のお贈りするものですから、故人様が喜びそうで、かつご遺族にも迷惑がかからないものを意識して選びましょう。お供え物の金額相場としては、3,000円~5,000円程度が一般的です。高すぎても遺族に気を遣わせてしまうので注意しましょう。 友人の命日や一周忌にお花を贈る場合 命日にお花を贈る場合に気をつけるべきポイントを抑えておきましょう。ここでは「命日に適するお花」をご紹介します。 命日に贈るお花として、淡い色で日持ちするお花が好まれます。白、黄色、青、紫、いずれも淡い色が定番です。和花であれば菊、リンドウ、シャクヤク、洋花であればユリ、カーネーション、ストックなどが人気です。 故人様のお好みや思い出のお花がある場合は形式に囚われずにそのお花を贈ると良いでしょう。その際、なぜこのお花を贈ったのかについて一筆メッセージを添えると誤解を招くことなく、ご遺族に故人様を想う心が伝わるはずです。 友人の命日や一周忌の新しい過ごし方 昨今、身内だけの小規模なお葬式が増え、故人の友人のお別れの機会が少なくなっています。何かしたいけど何もできないという状況が生じたり、訃報には接したものの、お葬式に参列できず全く実感が持てない方がいることも事実です。そこで、友人主体で故人を偲ぶという命日の過ごし方をご紹介します。 弊社が運営している葬想式を使うことで距離と時間を越えて故人を偲ぶ機会を無料でお作りいただくことができます。   葬想式は招待制の追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能で他の参加者の写真やメッセージも見ることができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 本サービスは誰かが開式者として場を立ち上げなくては始まりません。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれませんが、この機会に救われる共通の友人がいるかもしれません。 もちろん、葬想式を開式される際はご遺族に一報 友人達と追悼サイト作成サービス葬想式を使って〇〇さんを偲ぶ会を行いたいと思います。思い出の写真を共有し合ったり、追悼メッセージを寄せ書きのような形で集められるサービスです。X月X日からX月Y日まで開式していますのでよろしければ期間内にこちらのURLより様子をご覧ください という形でご案内いただくことを推奨していますが、どうしてもご遺族と連絡が取れない場合は自由に友人が主催しても良い、というスタンスで本サービスを運営しています。もちろん、こういったことをご遺族の知らない所で行うことはできるだけ避けたいですが、大切な人を亡くし、偲ぶ心に優劣はなく、ご遺族も友人も等しく悲しむ権利があるという考えに基づき、このような運営を行っております。 葬想式を通じて、ご葬儀に集まれなかった方も含めて故人様との思い出を振り返り、メッセージを綴るという機会にもなりますし、友人が参加することで、ご親族がお持ちでなかった故人様の写真をご覧いただくこともできます。 みんなで故人様に思いを馳せ、思い出を振り返り、メッセージを綴るという時間を命日という節目にお過ごしいただくというのはいかがでしょうか?葬想式は命日の慣習を代替するものではなく、命日や一周忌が担ってきた役割の一部を補完する仕組みです。 偲ぶ会の選択肢として、誰にでもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。ご遺族へお知らせするための文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む
【お参りの服装】友人の仏壇に命日のお参りをする際のマナーを解説
【お参りの服装】友人の仏壇に命日のお参りをする際のマナーを解説
大切な友人を亡くし、葬儀でのお別れが終った後にもご自宅を訪ねて仏壇にお参りをしたいという人も多いのではないでしょうか。特に命日は残された人達にとって故人を弔う特別な日であり、親族を気遣うマナーも存在します。 今回はそんな命日での弔問の服装などのマナーについてご紹介します。 友人の命日にお参りしてもよいのか 友人の命日に訪問することは、結論として良いでしょう。 ただし、ご遺族のご都合に配慮して訪問すべきです。次に、 友人の命日にお参りしたいときの連絡法 命日にお参りしたい際は、友人の親族に対して、故人や遺族の自宅を直接訪問する旨を電話で伝えます。 ご遺族とあまり交流がない場合は、自分と友人の関係性を簡潔に述べてから、お参りしたい旨を伝えると、良いでしょう。 突然訪問しても留守だったり、相手方の都合が悪かったりする場合もあるので、訪問する日時を相談して決めましょう。 相談する際は、自分の都合を伝えるのではなく、ご遺族のご都合を聞いて相談すると良いでしょう。 友人の命日にお参りしたいときの持ち物 ご遺族の自宅にお参りする際は、お供え物を持参しましょう。 お供え物は必ず持参しなければならないものではありませんが、手ぶらで訪問するよりは遺族も故人もきっと喜んでくれるはずです。 お供え物には菓子折りや和菓子など、なるべく日持ちするものを選びます。故人が生前好きだった食べ物を持参するのも無難です。 また、持参する場合は、「御供」の掛け紙を掛けましょう。 友人の命日にお参りしたいときの服装 友人・知人宅を訪問する際の服装は、普段着で構いません。 ただし、派手な色やデザイン、ジーパンにTシャツなどラフ過ぎる服装は避けましょう。特に、新盆を迎える前のお宅や故人が亡くなってまだ日が浅いお宅を訪問する場合は、できるだけ地味な服装で訪問するのがマナーです。 もちろん、葬儀や法要のように喪服や黒のスーツを着用しても問題はありませんが、遺族も私服の可能性が高いため、喪服を着て行くと一人だけ違和感を覚えることがあります。また、アクセサリー類は、なるべく身につけないほうが無難です。 友人の命日にお参りしたときのマナー 訪問した際のマナーは宗派によってお線香やお参りの作法が異なる場合もありますが、基本的な流れとマナーをご紹介させていただきます。 お参りの際の挨拶 玄関に招き入れられた際に、遺族へ「ご無沙汰しております。本日はお時間を頂きありがとうございます」などの挨拶をします。 それ以外にも故人との関係性や、遺族を気遣うような言葉を添えられるとよいでしょう。 お仏壇の前での振る舞い 自宅にあがったら、「お線香をあげさせてください」と一言断りを入れ、仏壇の前に座りましょう。 故人のために持参したものを遺族に手渡す行為は失礼にあたるので、お供え物を持参した場合は、仏壇に静かに置きましょう。 心配であれば「お供え物を持参したのですがどちらに置けばよろしいでしょうか?」と確認をとると安心です。 お仏壇へのお参りは、遺影や位牌に目をやり、静かに挨拶します。 そして、線香を1本手に持ち、火をつけます。このとき、ろうそくに火がついていなければ、先に自分で火をつけましょう。 次に線香を逆の手で軽くあおいで火を消します。 最後に線香を立てて、数珠を持った手を合わせお参りしましょう。 立てる線香の本数や折り方、唱える念仏は宗派によって変わりますが、基本的に自身の宗派に応じたお参りの仕方で問題ありません。 また、まれに焼香が設けられている場合がありますが、その際は焼香を優先して行います。 お参りを終えたら仏壇に向かって一礼し、座った状態のまま遺族のほうへ向きを変えてさらに一礼します。その後、遺族と故人の思い出話などをしますが、あまり長居せずにお宅を辞するようにしましょう。 まとめ 今回は、命日での訪問のマナーや服装についてご紹介しました。 友人・知人宅に訪問するケースは葬儀に参列するよりも少ないので、いざというときにこの記事を参考にしていただけると幸いです。 友人の命日の新しい過ごし方 本記事では友人のご自宅を訪問してお参りする上でのマナーについて解説してきました。しかし、場合によってじゃ訪問をお断りされたり、友人の仏壇が遠方にあり足を運べない、ということもあります。そこで、故人の友人達と一緒に思い出を振り返り、故人を偲ぶという命日の過ごし方をご紹介します。 弊社が運営している葬想式を使うことで距離と時間を越えて故人を偲ぶ機会を無料でお作りいただくことができます。   葬想式は招待制の追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能で他の参加者の写真やメッセージも見ることができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 本サービスは誰かが開式者として場を立ち上げなくては始まりません。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれませんが、この機会に救われる共通の友人がいるかもしれません。 もちろん、葬想式を開式される際はご遺族に一報 友人達と追悼サイト作成サービス葬想式を使って〇〇さんを偲ぶ会を行いたいと思います。思い出の写真を共有し合ったり、追悼メッセージを寄せ書きのような形で集められるサービスです。X月X日からX月Y日まで開式していますのでよろしければ期間内にこちらのURLより様子をご覧ください という形でご案内いただくことを推奨していますが、どうしてもご遺族と連絡が取れない場合は自由に友人が主催しても良い、というスタンスで本サービスを運営しています。もちろん、こういったことをご遺族の知らない所で行うことはできるだけ避けたいですが、大切な人を亡くし、偲ぶ心に優劣はなく、ご遺族も友人も等しく悲しむ権利があるという考えに基づき、このような運営を行っております。 葬想式を通じて、ご葬儀に集まれなかった方も含めて故人様との思い出を振り返り、メッセージを綴るという機会にもなりますし、友人が主催し、ご遺族も招待することで、ご親族がお持ちでなかった故人様の写真をご覧いただくこともできます。 みんなで故人様に思いを馳せ、思い出を振り返り、メッセージを綴るという時間を命日という節目にお過ごしいただくというのはいかがでしょうか?葬想式は命日の慣習を代替するものではなく、命日が担ってきた役割の一部を補完する仕組みです。 偲ぶ会の選択肢として、誰にでもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。ご遺族へお知らせするための文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む
命日・月命日にすることは?新しい過ごし方
命日・月命日にすることは?新しい過ごし方
大切な人の命日や月命日、どのように過ごしたいですか? 仏壇に手を合わせる、お墓参りにいく、故人との思い出の場所を訪れる。 形式に決まりはなく、それぞれが納得のいく形で供養することが大切です。 もちろんマナーも大切ですが、一番重要なのは故人を偲ぶ気持ちです。 ここでは、命日や月命日の新しい過ごし方についてご紹介します。 命日・月命日とは 命日とは、故人が亡くなった日のことで「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼ばれることもあります。一方、毎月やってくる故人が亡くなった日と同じ日にちが「月命日」です。つまり、命日は1年に1回、月命日は毎月1回ということになります。 命日・月命日の慣習 月命日 月命日は祥月命日のように法要を行うことはありませんが、仏壇やお墓のお掃除をしたり、故人が好きだった食べ物やお花などをお供えして過ごすことが一般的です。ご家庭によっては、お坊さんにお経を唱えてもらう「月参り」をすることもありますが、お寺の檀家の習慣やその土地の慣わしとして行われることが多いでしょう。 命日 命日には一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌と追善法要や年忌法要を行います。法要では近親者が集い、お寺や墓前で読経をしてもらった後、食事をとる形式が一般的です。この時、「塔婆供養(とうばくよう)」を行うこともあります。この塔婆供養とは、追善供養の1つで塔婆をお墓の後ろに立て故人の冥福を祈る行為です。 一般的には三十三回忌を年忌の最後である「弔い上げ」とすることが多いですが、ここまで熱心に先祖供養をするご家庭は少なくなってきました。 命日・月命日の新しい過ごし方 ご親族が全国各地に散り、一堂に会することが難しい時代です。 だからこそ、命日や月命日に距離と時間を越えて、故人を偲ぶという選択肢をご紹介します。弊社が運営している葬想式を使うことで距離と時間を越えて故人を偲ぶ機会を無料でお作りいただくことができます。   葬想式は招待制の追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能です。 ご親族内でご利用いただくことはもちろん、故人のご友人も招待して開式することも可能です。ご葬儀に呼べなかった方も含めて故人様との思い出を振り返り、メッセージを綴るという機会にもなりますし、ご友人にも参加いただくことで、ご親族がお持ちでなかった故人様の写真が届くこともあります。 みんなで故人様に思いを馳せ、思い出を振り返り、メッセージを綴るという時間を命日・月命日という節目にお過ごしいただくというのはいかがでしょうか? 葬想式は命日の慣習を代替するものではなく、命日が担ってきた役割の一部を補完する仕組みです。新しい偲ぶ機会の選択肢として、誰にでもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。 案内文を作るのが難しい、操作がわからない等、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む