葬想式のコラム
大切な人とのお別れに寄り添う情報をお届けするWebメディアです。
# 訃報 記事一覧
恩師の訃報に接したら?お悔やみの文例・マナーについて
恩師の訃報に接したら?お悔やみの文例・マナーについて
学生時代お世話になった恩師の訃報に接した時、どうしますか?部活でお世話になった恩師。反抗期に向き合ってくれた恩師。恩師の訃報はショックな出来事です。 何度も経験することではないためどうしていいかわからない、何かしたいけど何もできないというもどかしさを抱える方も少なくないでしょう。 恩師の訃報に対してどのようなお悔やみの言葉を書いたらいいの? 同級生や部活の仲間と供花を出す場合のやり方は? お香典はいくら包むべき? 偲ぶ会をしたいけど何をしたらいいの? 今回は、恩師の訃報に接した時にどのように振る舞うべきかはもちろん、ご自身の気持ちに折り合いをつける方法のご提案も交えながら解説していきます。 大切なことは、ご家族をはじめ関係者の皆様への心遣いと恩師を偲ぶ気持ちです。もちろんマナーやお作法はありますが「正しさ」よりも「敬意ある行動」を心がけ、ご自身も納得のいくお別れができると良いでしょう。 恩師の訃報連絡への返信・お悔やみ文例 恩師の訃報はご家族から届く場合と、部活やクラスの仲間などを通じて届く場合、年賀状のみの関係です と、喪中ハガキで恩師の訃報を知るというの大きく3つの場合が考えられます。 恩師のご家族から訃報が届いた場合 訃報はメールやLINEといったSNS、手紙などで届きます。基本的には相手の連絡手段と同様の手段を用いて返信すれば問題ありません。 訃報の連絡への返信はできるだけ早く、簡潔な文章で書きましょう。 メールの文例 件名:(自分の名前) 本文: 〇〇様のご逝去の報に接し 謹んでお悔やみ申し上げます 私にできることがあればいつでもご連絡ください ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ※メールへの返信は不要です 返信の際にご自身が忌み言葉を使っていないか、各宗派のルールを破っていないか確認すると良いでしょう。今回の文例ですと、浄土真宗のお家に対し「冥福」を使うことは不適切です。宗派を問わず汎用性が高いのは「お悔やみ申し上げます」という言葉で、神道の場合は「ご平安をお祈り申し上げます」なども良いでしょう。 部活やクラスの仲間を通じて恩師の訃報が届いた場合 こちらもできるだけ早く、連絡をくれたお礼を添えて返信をしましょう。ご葬儀に連名で供花やお香典を送る提案をしてもいいかもしれません。次の章以降で供花とお香典について詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。 喪中ハガキで恩師の訃報を知った場合 年賀状を出すのはやめ、寒中見舞いでご家族へのお悔やと生前にお世話になった先生の思い出話や感謝の気持ちを伝えましょう。松の内以降から立春の間、1月8日~2月上旬に届くように出すと良いでしょう。 寒中見舞いの文例 寒中謹んでお見舞い申し上げます ご服喪中のことと存じ 年始のご挨拶はご遠慮させていただきました ◯◯様がご逝去されてから 皆様におかれましてはお寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします 遅ればせながら 謹んでご冥福をお祈りいたします 厳寒の折 どうぞお体を大切にお過ごしください 令和◯年一月 なお、切手は新年をお祝いするものやおめでたいデザインは避け、胡蝶蘭のプリントを選ぶと良いでしょう。 同級生や部活の仲間と供花を送る場合 供花を送る際はご遺族に了承を得てからにしましょう。 どこの葬儀屋さんに依頼しているのかご遺族に伺い、葬儀屋さんに連絡をして供花を出したい旨を伝えるとスムーズです。 もしどこの葬儀屋さんがわからない場合は通夜当日の午前中には届くよう、花屋やオンラインショップで手配します。 供花の札名は2~4名であれば連名でも構いませんが、それ以上であれば「〇〇一同」という表記で問題ありません。 香典を連名で送る場合の書き方・金額相場 香典を連名で送る場合は3名程度であればそれぞれの名前を書きましょう。右から順に目上の人の名前が来るようにします。4名を超える場合は先ほどの供花と同様、「〇〇一同」と書きましょう。 連名の場合、香典返しでご遺族を困らせてしまうこともあるので不祝儀袋の中に「勝手ながら香典返しは辞退させていただきます」と一筆箋を入れるといいでしょう。 連名で香典を包む際の金額相場は5000円〜1万円程なので、包みたい金額÷人数で一人当たりの金額を決定します。その際、合計した金額に4と9が含まれないように注意が必要です。4,000円、9,000円、40,000円などは避けましょう。また、不祝儀袋に包む際、お札を裏向きで入れるのがマナーです。 郵送方法に関して、香典は現金書留で送ります。お通夜や葬儀までに時間がある場合は、基本的に葬儀会場に直接送って問題ありません。念の為、葬儀会場に電話を入れ、香典の代理受け取りを行っているか確認すると確実です。宛名は「〇〇会館 〇〇家 〇〇様(喪主)」とし、喪主の名前がわからない場合は「〇〇会館 〇〇家 ご遺族様」とします。 お通夜や葬儀までに間に合わない場合は、ご葬儀から2~3日程度、遅くとも一週間を目安に喪主のご自宅に郵送しましょう。香典を郵送する際は葬儀に参列できない分、短文でもお悔やみの言葉を綴るといいでしょう。 恩師の偲ぶ会をしたい場合 「〇〇先生が亡くなりました」と恩師の訃報に接し、亡くなったことを実感しすぐに受け入れることは難しいでしょう。 身内のみの小規模な葬儀が増え、近親者以外は葬儀に参列できないこともしばしです。これは時代にあった葬送の形の変化であり、誰が悪いわけでもありません。 とはいえ、恩師との別れの機会なしに、「亡くなる前に会いに行けば良かった」「子供の顔を先生に見せに行けば良かった」など後悔や遣る瀬なさを抱えてしまうのは辛いことですし、同じ想いを抱える同級生もきっといるはずです。 お葬式の役割を完全に代替することはできませんが、お世話になった同級生と先生を偲ぶ会をオンラインで開いてみるのはいかがでしょうか? 偲ぶ会といっても、既に全国に散り散りになった同級生や部活の仲間が一堂に会することは難しいかもしれません。そこで、距離と時間を越えて恩師を偲ぶという選択肢をご紹介させていただきます。   弊社では葬想式という無料で3日限りの追悼サイトを作成できるをサービスを運営しております。 葬想式では招待制のサイトを作ることができ、招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能です。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限__、無料でご利用いただけます。 今は亡き恩師に想いを馳せながら言葉を紡ぐことで恩師のいない日常へと進む第一歩になるかもしれません。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。多くのメッセージで溢れる素敵な場で恩師を偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? 誰かが主催者として利用登録をしなければこの場は立ち上がりません。 「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれませんが、お世話になった恩師に、同級生や部活の仲間達と想いを馳せる機会になります。この機会に救われる仲間もいるかもしれません。 同級生の連絡先がわからない、案内文を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 いかがでしたでしょうか。 本記事が大切な恩師との死別に際する一助になりましたら冥利に尽きます。
続きを読む
故人の友人に訃報連絡を送るときのタイミング、手段、文例を解説
故人の友人に訃報連絡を送るときのタイミング、手段、文例を解説
親が亡くなったら、喪主は訃報の連絡をする必要があります。しかし、親の友人を全て把握できてる人はなかなかいないですし、どのくらい親しかったかも全て分かるわけでもないと思います。そんな時、誰に連絡する必要があって、誰には連絡しなくてもよいのか判断に迷うところです。そこで今回は、親が亡くなった際に、故人の友人への連絡方法や段取りについて見ていきます。 故人の友人に訃報連絡は送るべき?送るべき人、送らなくてもいい人 まず困るのは、どんな人に訃報連絡を送るべきか、だと思います。特に親しくしていた人や喪主自身も会ったことがある人については迷わず送った方がよいでしょう。趣味で繋がっている友人や、学生時代の同級生、年賀状でやりとりをしている人に送るとよいでしょう。 故人の友人に訃報連絡を送るタイミング 続いて、訃報連絡を送るタイミングについてです。特に親しくしていた人には、なるべく早く知らせましょう。通夜や葬儀の細かい日程が決まっていなくても連絡しましょう。ただし、一般的には親族より後の方が良いと思います。それ以外の人には、通夜や葬儀の日程、場所、葬儀の方式(仏式、神式、キリスト教式など)が決まった段階での連絡をおすすめします。 友人で遠方に住んでいる方がいる場合には、移動や宿泊の手配もあるので、早めに知らせましょう。 故人の友人に訃報連絡を送る手段 訃報連絡は迅速かつ確実に伝える必要があるので、電話が適しているでしょう。ただし、友人が多い場合、喪主や遺族がすべての友人に連絡するのは大変です。可能であれば、友人のなかで連絡先をたくさん知っていそうな方に、他の人への連絡を頼むのも1つの方法です。 メールという手段もあります。一斉送信ができるという点では便利ですが、あまり快く思わない方もいらっしゃるので、多分に配慮が必要です。また、人によってはメールを見ていないこともあるので、メールを送った後、電話でも伝えると親切です。 そして、連絡先がわからない人や、把握できない範囲の友人へは、地方新聞のお悔やみ欄に載せて伝わるようにしましょう。ただ、お悔やみ欄に訃報を掲載すると、参列者数を事前に把握するのが難しくなります。香典返しを葬儀当日に渡す「即日返し」を選択する場合には、返品できる品物を香典返しに選んだ上で多めに用意するのが大事です。お悔やみ欄には、「葬儀は家族葬にて済ませました」と事後報告を掲載することも可能です。 故人の友人に訃報連絡を送るときの文例 訃報連絡は基本的に電話ですので、ここでは、電話で伝えるときに役立つ例文をご紹介します。 例 「突然のお電話申し訳ありません。〇〇の息子長男の□□です。以前より入院していた父(母)の〇〇が、△月△日に逝去しましたことをご通知申し上げます。生前はとても親しくさせていただいたと聞いておりまして、心から感謝申し上げます。通夜は◇◇斎場で、△月△日△時から行います。葬儀・告別式は△月△日△時からです。喪主は私□□が務めます。○○式(宗教形式)で行う予定です。連絡先は私の携帯へお願いいたします。電話番号は090-××××-××××です。」 以上のような感じでお伝えすれば良いと思います。 注意点としては 通常の挨拶は省き、本題に入りましょう 自分と故人の関係を伝えます 故人の名前と死亡日時、生前のお礼を伝えます 通夜・葬儀などの日程、場所、葬儀の形式を説明します 葬儀社名も併せて伝えておくと、友人の方が供花をどこへ依頼すればよいかが分かり、親切と言えるでしょう。 また、葬儀が家族葬である場合には、以下のように伝えることをおすすめします。 例 「父(母)は、生前より家族葬を望んでおりましたので、葬儀は家族だけで行います。勝手を申しますが、よろしくお願いいたします。」 供花や香典を辞退したい場合には、その旨も忘れずに言い添えます。 以上のポイントを押さえ、いきなり電話すると言い忘れることもあるかもしれないので、メモなどをしてから電話をしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。今回は、故人の友人に訃報連絡を送るときのタイミングや手段、文例を解説してきました。自分自身の友人ならともかく、故人の友人の個人名や連絡先を普段から意識している人はあまりいないでしょう。時間も限られていると思いますので、調べられる範囲で調べて連絡し、あとはお悔やみ欄でお知らせするのが良いのではないでしょうか。
続きを読む
【訃報テンプレート】訃報の定型文をご紹介。避けるべき言葉についても解説。
【訃報テンプレート】訃報の定型文をご紹介。避けるべき言葉についても解説。
大切な人が亡くなったことを伝える「訃報」。 テレビやニュースなどで耳にすることが多いですが、自分が訃報を流さなければならない立場となった時のことを、考えたことはありますか? どのように連絡すれば良いのか、訃報を流す時期はいつなのか。 詳しく知らない方も多いのではないのでしょうか。 いざという時にすぐに対応できるよう、訃報について分かりやすくご説明していきます。 訃報の連絡をするタイミングは? 訃報の連絡をするタイミングに、特に決まりはありませんが、主に「死亡後すぐに連絡する」場合と、「葬儀の詳細が決定してから連絡する」場合があります。そのタイミングは故人とその遺族との関係によって変わります。 死亡後すぐに連絡するのは、「臨終に立ち会えなかった家族」や、「親族」です。また、「故人と特に親しかった方」にも優先して知らせましょう。 葬儀の詳細が決まってから連絡するのは、接点の少ない親戚や故人の友人、知人、勤め先の関係者など、「葬儀に参列してもらいたい方」です。 これはあくまでも目安であり、決まりがあるわけではないので、家族と相談して訃報の連絡を入れましょう。 訃報の連絡は誰に、どんな順序で伝える? 訃報を知らせる人にも決まりはありません。これも家族と相談し、故人と関係があった方を基準に考えておきましょう。 一般的な優先順位は、故人から見て「関係の深い親族(孫や兄弟など)」→「三等親あたりまでの親族(叔父、叔母、いとこなど)」→「友人や知人、勤め先などの関係者」→「家族に関係する機関(学校や会社など忌引の手続きが必要な場所)」→「地域関係者」となります。 故人と特に親しかった方には優先して、早めに伝える方が良いでしょう。また、葬儀関係者への連絡は早めにしておき、葬儀日程が決まった段階で知人などに連絡を入れる、という順序が一般的です。 その時になって慌てないよう、事前に伝える準備をしておくことも大切です。 訃報を送る手段 訃報は電話、メール、SNS、手紙のいずれかで送ります。家族や親しい友人などの、故人と近しい関係にある方へは電話で伝えることが多いです。 最近ではSNSやメールでの連絡が日常となっていますが、年配の方などは失礼だと捉えるかもしれません。まずは電話を入れて、相手が出られない場合は「それでは、メールをお送りしますので、まずはご確認ください」と留守電を残すなど、丁寧な連絡を心がけましょう。 送る相手に配慮して、どのツールで送るべきなのか、しっかりと考える必要があります。 それでは、訃報の書き方を細かく見ていきましょう。 訃報で伝えるべきことは? 訃報で伝えることは、主に「故人の死」と「葬儀の案内」です。 故人の名前、逝去日、遺族の意向によっては簡単な死因、そして、お通夜や葬儀の日時と場所、喪主の名前と故人との続柄、喪主の連絡先などを伝えます。 関係の深い親族や、故人の親しい友人などには、葬儀の日取りが決まる前に連絡することになるため、「亡くなったという事実」と「自身の連絡先」を簡単に伝えます。 どちらの場合においても、亡くなったことを伝えることが目的であるため、内容は簡潔にまとめましょう。 訃報の文例・テンプレート それでは、「電話」「メール」「SNS」「手紙」で訃報を流す際の会話例や例文を、それぞれご紹介します。通夜、葬儀に参列していただく場合や、家族葬などで参列を辞退していただく場合など、ご自身の状況に合ったものを組み合わせて参考にしてみてください。 【電話の場合】 親族への連絡 「○○○(故人の名前)の妻の○○○(名前)です。先ほど、主人が○○○(死亡原因)により亡くなりました。 お通夜などの詳細は、決まりましたら再度ご連絡いたします。何かありましたら、私までご連絡をお願いいたします。」 故人の友人への連絡 「突然のご連絡失礼いたします。○○○(故人の名前)の妻の○○○(名前)です。 主人が○○○(死亡原因)により、○月○日に永眠いたしました。生前は故人がお世話になり、感謝申し上げます。 つきましてはお通夜、お葬式に参列していただきたく詳細をお伝えします。 場所は○○にて、明日○時から行います。喪主は私が務め、○○式(葬儀の形式)で行う予定です。ご連絡の際は、私の携帯電話までお願いいたします。」 【メールの例文】 件名:【訃報】○○○逝去のお知らせ ○○様 お世話になっております。突然のご連絡で申し訳ございません。 ○月○日早朝○○○(故人の名前)が○○○(死亡原因)にて永眠いたしました。生前はお世話になりました。 尚この度の葬儀は故人の意志により家族のみで執り行います。 誠に勝手ながらご参列およびお香典は辞退させていただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。   ○○○(自身の名前) 【SNSの例文】 ○月○日早朝○○○(故人の名前)が永眠いたしましたのでご報告申し上げます 生前中のご厚誼に深く感謝いたします なお下記の通りに通夜ならびに葬儀を○○式(葬儀の形式)にて執り行います 記 一.日時 通夜:○○年○月○日 午後○時〜 葬儀:○○年○月○日 午前○時〜 二.場所 ○○(葬儀場の名前) 住所 電話番号 三.喪主 ○○(続柄)○○○(名前) 【手紙の例文】 夫○○が去る○月○日 交通事故(死亡原因)により急逝いたしました 葬儀は○月○日に近親者のみで執り行いました  深い悲しみゆえご通知が遅れましたことお赦しください 生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに謹んでお知らせ申し上げます ○○年○月○日 訃報で使ってはいけない言葉 ここまで訃報を流す際のテンプレートを見てきましたが、使ってはいけない言葉が主に三つあります。 一つ目は、「また」「くれぐれも」「重ねる」などの重ね言葉です。これらの言葉は、不幸を重ねる、不幸が続く、ということを連想させてしまいますので、注意しましょう。 二つ目は、「死」「生」「苦」などの、生死や苦しみを表現する言葉です。直接的な表現は避け、「生前」や「元気な頃」など、柔らかい表現を使うようにします。 三つ目は、数字の「4」や「9」、「大変」など、不吉とされている言葉です。 これらの言葉には注意して訃報を流すようにします。 また、「葬儀などが滞りなく終わるように」という意味を込めて、句読点は基本的に使わないことも覚えておきましょう。 まとめ 訃報は、大切な家族が亡くなり、深い悲しみの中であっても、誰かが流さなければならないものです。 流すタイミングや、順序に細かい決まりはないので、どのような方法があるのか、ということだけでも知っていると、いざという時に役に立ちます。 故人を送り出す準備として、焦らず正しく、訃報が流せるようにしておきましょう。 お世話になった方をご葬儀に呼べない時 昨今の感染症の影響で、身内のみでご葬儀を執り行う方が増えています。ご葬儀には呼べないけれども、葬儀を終えて少し落ち着いてから、お世話になった皆様と故人の思い出を振り返る機会を作ることができるサービスをご紹介させてください。 弊社では、3日限りの追悼サイトを無料で作成できるサービス「葬想式」 を運営しております。   葬想式は3日間のみ開かれる招待制の追悼サイトで、メールやSNSで生前お世話になった方々を招待することができます。 サイト上で故人様宛のメッセージや思い出の写真を投稿することができ、ご家族がお持ちでなかったお写真が集まることもあります。 場所や時間に縛られることなく、おもいおもいに故人様に思いを馳せ、メッセージを綴り、カメラロールや昔の写真を探しながら思い出を整理する場があることで、生前お世話になった皆様にもお別れの時間をお過ごいただくことができます。 スマートフォンの操作が不慣れな方にもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。招待の文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む