法要の供花、どんな種類や色がふさわしい?

法要の供花、どんな種類や色がふさわしい?

法要でどんな花をお供えすればいいのか?と思う方もいらっしゃるでしょう。
今回は法要の供花としてふさわしい花や送り方をご紹介します。

親しかった友人の法要に、お花を送ってもいい?

親しかった故人に対して、友人として何かお供えをしたいと思う方も多いでしょう。
その場合は、施主であるご家族にお花を送りたいことを伝え、了承を得たら送るのが良いでしょう。

法要の供花としてふさわしい色

法要の供花としてふさわしい色は、白が基本とされています。
しかし、地域によって色使いは変わります。
最近では白以外の色も交えて送る場合も増えてきました。

白以外の色を使用する場合、淡い青、紫、ピンクなどがおすすめです。黄色は少し明るすぎるため、クリーム色などの淡い色合いが良いでしょう。
他の色の花を交える場合でも、白を基調として淡い色でまとめましょう。

また、故人が生前に好きだった色や花を知っている場合は、「生前にお好きだった花をお贈りいたします。」など、一言添えて、それを送るのも良いでしょう。

法要の供花としてふさわしい花

法要の供花としてふさわしい花の花言葉や、開花時期をご紹介します。ただ、供花としてスタンダードな花は、時期を問わずフラワーショップで手配できる可能性が高いでしょう。

花言葉:高貴、高潔、高尚
開花時期:秋菊は、10月下旬〜11月頃。夏菊は、6〜7月。寒菊は、12〜1月。

百合

花言葉:純潔、無垢、威厳
開花時期:5〜8月

カーネーション

花言葉:無垢で深い愛、真実の愛、永遠の幸福、尊敬など
開花時期:4月〜6月

デンドロビウム

花言葉:天性の花を持つ
開花時期:3月〜5月

スターチス

花言葉:変わらぬ心、途絶えぬ記憶、変わらない誓い
開花時期:5月〜7月

アルストロメリア

花言葉:持続、未来へのあこがれ
開花時期:4月〜7月

スイートピー

花言葉:門出、別離、優しい思い出
開花時期:4月〜6月

トルコキキョウ

花言葉:優美、希望、思いやりなど
開花時期:寒冷地では8~9月、温暖地では5~8月頃

カラー

花言葉:乙女のしとやかさ、華麗なる美、清浄、清純
開花時期:6月〜7月

供花の送り方

1、遺族への確認
供花を送る場合は、遺族の了承を得てから手配を始めましょう。
また、贈りたい花の種類が決まっている場合には、遺族にそれを伝えておけると安心です。
もし、遺族が思いもかけないような花が到着すると、祭壇に添える花の統一感が無くなってしまい、祭壇自体の見栄えが悪くなってしまう可能性があるためです。

2、花屋やインターネットで手配する
最近はインターネットで手配ができます。
その場合、法要の開式時間より前に会場に届くように時間を指定しましょう。開式ギリギリにならないよう注意しましょう。

まとめ

今回は法要の供花としてふさわしい花や送り方をご紹介しました。
この記事を参考に、法要での供花を選んでみてはいかがでしょうか。

葬想式 詳細はこちら
公式 LINE で相談する
監修・奥山晶子
監修・奥山晶子
株式会社むじょう 編集者
冠婚葬祭互助会に従事し、その後おもだか大学名義で「フリースタイルなお別れざっし 葬」(不定期)を刊行。現在は葬儀や墓など終活関連の記事を手がけるライターとして活動中。2012年より2年間、NPO法人葬送の自由をすすめる会の理事をつとめる。主な著者に『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』『ゆる終活のための 親にかけたい55の言葉』がある。
関連記事
【四十九日法要の香典袋】表書きは御仏前?御霊前?郵送方法について解説
【四十九日法要の香典袋】表書きは御仏前?御霊前?郵送方法について解説
法事はいつまでやれば良い?何回忌までか迷っている方必見!
法事はいつまでやれば良い?何回忌までか迷っている方必見!
【保存版】一周忌と一回忌の違いは?二度と忘れない覚え方をご紹介
【保存版】一周忌と一回忌の違いは?二度と忘れない覚え方をご紹介
四十九日法要に親族が集まれない場合の過ごし方をご紹介
四十九日法要に親族が集まれない場合の過ごし方をご紹介
一周忌法要を中止?延期?親族が集まれない時の過ごし方をご紹介
一周忌法要を中止?延期?親族が集まれない時の過ごし方をご紹介