【四十九日法要の香典袋】表書きは御仏前?御霊前?郵送方法について解説

【四十九日法要の香典袋】表書きは御仏前?御霊前?郵送方法について解説

いつも支えあってきた親友が亡くなり、まだ悲しみも癒えぬ日々...。気がついたら四十九日法要が近づいてきていることもしばしです。四十九日法要のためにまず用意するのはお香典です。今回は、親友という関係の場合のお香典の渡し方について、どんなことに気をつければいいのかを見ていきましょう。

四十九日法要の香典の相場

お香典でまず気になるのは金額だと思われます。お香典は、施主が法要のために用意したものの費用に対してお渡しするもの。ですので、それらの出費相応の金額を渡す必要があります。

まず言えるのは、葬儀のお香典よりも低い金額にすることです。親友という関係であれば、3,000円〜10,000円を目安に用意すればいいと思います。

また、四十九日法要の後にお斎(おとき)と呼ばれる会食が設けられることもあります。会食の内容にもよりますが、もし招かれている場合は3,000円〜5,000円程度上乗せした金額で考えれば良いでしょう。

四十九日のお香典で新札はだめ?

お札について気になるのは、新札を使っていいかどうか、でしょう。

四十九日法要では新札でも問題ないとされています。通夜・葬儀の場合には、不幸を予期しているイメージになってしまうためNGとされていますが、四十九日法要は日にちが決まっていて準備できるものだからです。

四十九日の香典袋の書き方・包み方

お札が用意できたら、次は香典袋の用意です。お札は向きを揃え、肖像が下にくるようにして香典袋に入れましょう。次の項からは、香典袋に文字を書くときや閉じるときの注意点をお伝えします。

表書きは御仏前?御霊前?

四十九日法要における香典袋の表書きは「御佛前」「御仏前」と書くのが一般的です。

仏教では四十九日法要までは「御霊前」、四十九日を過ぎたら「御佛前」「御仏前」とします。これは、亡くなった方は四十九日で仏になるという考え方があるからです(浄土真宗を除く。浄土真宗では、亡くなったらすぐに仏になるという考え方をするため、葬儀の場から「御仏前」「御佛前」を使います)。四十九日法要は、亡くなってから四十九日が経過する前に行われることが多いですが、それでも「御佛前」「御仏前」として問題ありません。

香典袋への名前の書き方

外袋には、水引の下部にフルネームで書きますが、ここで迷うのがペンの色だと思われます。結論から言いますと、黒墨(濃墨)を選んでください。通夜や葬儀の場合は、悲しみや墨を準備する間もないという意味合いで薄墨を使用することがありますが、四十九日などの法要の場合は、黒墨で書いて問題ないでしょう。

香典の内袋の書き方

香典袋には、お金を入れるための内袋がついています。この内袋には、「住所」「金額」「名前」を書くのが一般的です。すでに書く場所が明記されている香典袋が多いので、それに沿って書きましょう。

金額は、縦書きと横書きの場合があります。縦書きで10,000円なら「金壱萬圓」といった書き方で記入します。以下に他の金額の例を示します。なお、横書きが指定されている場合には、算用数字で記入して構いません。

3,000円:参阡圓(参仟圓)
5,000円:伍阡圓(伍仟圓)
7,000円:漆阡圓(質仟圓・柒仟圓)

香典袋の種類によっては内袋がないものもあります。その場合は、香典袋の裏側の左下に、住所、名前、金額を記入しましょう。

香典袋の閉じ方

お金を入れ、中袋と外袋に記入を終えたら、最後は閉じる作業になります。

中袋がない封筒型の香典袋の場合は、糊付けして完了です。一方、中袋がある少しお高めの香典袋の場合は、袋の折り返しの上側が一番表になるように重ねるのが基本です。

お香典を渡す時のマナー

お香典を渡すときの最も丁寧な形は、落ち着いた色の袱紗(ふくさ)に包んで持参し、ご遺族や受付の目の前で袱紗から香典を取り出して渡す、というものです。ただ、袱紗(ふくさ)を持っていない場合には、アイロンをかけたハンカチに包んでいくか、折り目がつかないよう丁寧にかばんに入れて持参し、会場に到着したらお悔やみの言葉を添えて受付もしくは喪主の方へ手渡しします。渡すタイミングは地域によって習慣が違うこともあるので、事前に確認しておきましょう。

また、服装についてもマナーがあります。四十九日法要の服装は、遺族と参列者で異なります。遺族は喪服が基本ですが、参列者の場合、黒を基調とした略式でもよいとされています。男性なら白いシャツに黒のスーツ、鞄、靴を、女性なら黒いワンピースやスーツなどを着用した方がいいでしょう。服装に迷う場合は、「平服で」との指定がない限りは喪服で構いません。

四十九日法要に参列できない場合

仕事などでどうしても四十九日法要に参列できない場合にどうすれば良いのでしょうか。

まずは、参加できない旨をなるべく早めにハガキで伝えましょう。そして、お香典は現金書留で郵送します。封筒には金額を忘れずに記入してください。また、お悔やみの言葉などを書いた手紙を一緒に添えたり、お花を贈ったりするのが良いでしょう。

ここからは弊社ならではのご提案です。
本記事をご覧になった方の中には、お香典を郵送せざるを得ない状況の方もいらっしゃるかと思います。足を運ぶことができない状況に対して、もどかしさや遣る瀬なさを感じられる方も少なくありません。
行き場を失った、悼む心の行き先として、3日限りの追悼サイト作成サービス葬想式をご紹介します。

 

葬想式では、故人様専用の追悼サイトを作成し、メールやSNSで皆様を招待することができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。

葬想式はご遺族はもちろん、ご友人も主催できます。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれません。ご利用の際にはご遺族に一報を入れていただくことを推奨しておりますが、万が一連絡が取れない場合はご友人の一存で開式しても良いという考えで運営しております。__悲しみに優劣はなく、血縁の有無によって弔いの機会の有無が決まってしまわないように__という願いを込めているからこその運営方針です。

今は亡き大切な人に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことで大切な人がもう亡くなった日常へと進む第一歩になるかもしれません。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか?

ご遺族にどんな連絡をしたらいいかわからない、招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。

本記事が大切な人とのお別れを諦めない一助になりましたら冥利に尽きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。親友の四十九日のお香典を送ることはあまりないことかと思います。経験がないこと、初めてのことに悩んでしまうのはみな同じです。今回ご紹介した内容を参考に、お香典の準備をしてくださったら幸いです。

葬想式 詳細はこちら
公式 LINE で相談する
監修・奥山晶子
監修・奥山晶子
株式会社むじょう 編集者
冠婚葬祭互助会に従事し、その後おもだか大学名義で「フリースタイルなお別れざっし 葬」(不定期)を刊行。現在は葬儀や墓など終活関連の記事を手がけるライターとして活動中。2012年より2年間、NPO法人葬送の自由をすすめる会の理事をつとめる。主な著者に『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』『ゆる終活のための 親にかけたい55の言葉』がある。
関連記事
【2022年最新】各コンビニの喪中はがき印刷料金・割引情報を比較!
【2022年最新】各コンビニの喪中はがき印刷料金・割引情報を比較!
お別れ会・偲ぶ会の代表者挨拶・スピーチの文例をご紹介
お別れ会・偲ぶ会の代表者挨拶・スピーチの文例をご紹介
お別れ会・偲ぶ会を知らせる案内状の例文をご紹介
お別れ会・偲ぶ会を知らせる案内状の例文をご紹介
葬儀に参列できないとメールで伝える例文を紹介
葬儀に参列できないとメールで伝える例文を紹介
葬儀参列を辞退する時の連絡文例をご紹介
葬儀参列を辞退する時の連絡文例をご紹介