葬想式のコラム
大切な人とのお別れに寄り添う情報をお届けするWebメディアです。
コラム一覧
身内を亡くした人にかける言葉は?メールの文例をご紹介
身内を亡くした人にかける言葉は?メールの文例をご紹介
故人の死を悼み、遺族にかけるお悔やみの言葉ですが、近年はメールやLINEで伝えることも多くなってきました。 今回は、身内を亡くした方にかける言葉や、メールの例文などをご紹介します。 身内を亡くした人にかける言葉の一般例 ・この度はお悔やみ申し上げます。 故人が亡くなられた悲しみと、遺された家族へ弔意を伝えるという意味 ・この度はご愁傷様です。 不幸があった人に対して強い悲しみを気の毒に思うという意味 ・哀悼(あいとう)の意を表します 亡くなった方を思うと嘆き悲しむ心持ちという意味 ・ご冥福をお祈りします 故人の死後の幸福をお祈りするという意味 キリスト教などの葬儀の場合は宗派の教義にそぐわないため、使わないようにしましょう。 身内を亡くした人に、いつメールを送るといい? メールは、読む側が自分の都合のよいタイミングで閲覧できるため、訃報を知ってすぐに送っても問題ありません。 もし、親しい人やその親族が亡くなり、時間が経ってからその事実を知ったという場合も、自分が知ったタイミングでできるだけ早くメールを送るのがよいでしょう。 身内を亡くした人へメールでかけるべき言葉は? ・お悔やみの言葉 一目でお悔やみを伝えるメールであるとわかるように、タイトルには用件を簡潔に記載しておきましょう。お悔やみを伝えるメールには「〇〇(名前)です この度はご愁傷様です」といったように、タイトルにメールの差出人や要件を記載するのがおすすめです。差出人や要件が件名にはっきりと記載されていれば、相手も安心して開封できるでしょう。 ・あなたのことを心配しているというメッセージ 遺族は葬儀の準備などに追われているので、「体を労ってください。」などの気遣った言葉を入れると良いでしょう。 身内を亡くした人へのメール文例 親しい友人の場合 〇〇様のご逝去を知り、大変驚いています。本来なら直接お悔やみに伺いたいところですが、このような形になり申し訳ありません。家族を支えなくては、と無理をしていないか心配です。あなたまで倒れては大変なので、どうか自分のことを考えて体を労ってください。私にできることがあればいつでも連絡してください。 目上の人の場合 この度は奥様ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。本来であればご弔問に伺わなければならないところ、略式ながらメールにて失礼いたします。思いがけないことで、さぞかしお力落としのことと存じますが、どうか無理をなさいませんよう。なお、ご返信への気遣いはお控えいただき、少しでもお休みください。 親族の場合 〇〇さんのこと、突然のことで驚いています。 心からお悔やみ申し上げます。 お通夜もご葬儀も家族だけでされると聞きました。 お世話になりっぱなしで本当に何もできず、申し訳ない思いです。 せめて心の中でお礼の気持ちを伝え、ご冥福をお祈りしたいと思います。 みなさんもどうか気持ちをしっかり持って、 ご無理なさいませんように。 まとめ 今回は、身内を亡くした方にかける言葉や、メールの例文などをご紹介しました。 すぐに連絡が取れるメールやLINEは、最近では弔事などでも便利な連絡方法として使われることが増えてきました。ですが、お悔やみなどで使用する場合は状況や相手との関係性を考慮して判断するのが大事でしょう。またメールにおいても、基本的なお悔やみの言葉を使い、失礼のない文面を心がけましょう。
続きを読む
エンディングノートの書き方のコツを解説!買ったけど書けてない人必見!
エンディングノートの書き方のコツを解説!買ったけど書けてない人必見!
みなさま、終活のご準備はお進みでしょうか。一言で終活と言っても、やるべきことはいろいろとありますが、そのうちのひとつに「エンディングノート」があるでしょう。エンディングノートは書店などで簡単に入手でき、書くべき項目は示されていますが、本腰を入れて書くとなるとなかなか大変かもしれません。そこで今回は、終活で重要な「エンディングノート」を書くときのコツについて見ていきます。 エンディングノートの書き方のコツ 書きやすい項目から書いていく エンディングノートを一通り見てみると、「すぐ書けそうな項目」と、「考えなければ書けないような項目」があると思います。例えば、自分の個人情報や友人の連絡先・住所などはすぐにでも書きやすいでしょう。ただ、契約情報や医療に関することについてはすぐ書けるものでもないでしょう。ですので、「書きやすい項目から書いていく」ことをおすすめします。書き足し・書き直しをする前提という心持ちでいましょう。 今の気持ちをとりあえず書いてみる 書きやすい項目でもなかなか手が進まないのであれば、とりあえず今の気持ちを書いてみてください。シャープペンシルなどで書いておき、後から書き直せば良いのです。エンディングノートにルールはありませんので、肩肘張らずに気楽な気持ちで書いてみましょう。 節目のときに書く エンディングノートはいつ書き始めても良いものです。しかし、書くきっかけがないと、なかなか書き始めるのも難しいかもしれません。そんな方は、節目のタイミングで書いてみることをおすすめします。誕生日やお正月、法事などの際に書き始め、次の機会が来たら書き足し・書き直しするなどしてみましょう。 自分がわかる場所に置いておき、いつでも書けるようにする 一度に書き終わるものではないのがエンディングノートです。次に書くときまでは、ご自身が確実に覚えておける場所に置いておきましょう。置き場所は、いざというとき親族に見つけてもらいやすい場所にすることをおすすめします。 家族と一緒に書く 家族に「どんなことを書いたらいいと思う?」と聞いてみるのもひとつの手です。エンディングノートを読むことになるのは家族なので、どんな情報があるといいのか、どんな情報がないと困るのか、確認できる機会にもなります。また、家族に「エンディングノート書き始めたよ」と伝えておくと、何かあったとき「そういえばエンディングノート書いていたな...」と思い出してもらえるかもしれません。 エンディングノートを買ったけど書けていない人へ いかがでしたでしょうか。今回は、エンディングノートの書き方のコツについて解説してきました。例が書かれていたとしても、初めてのことだと壁にぶつかることもあるでしょう。一気に書こうとせず、少しずつでもいいので書き始めてみましょう。最初に書いた情報から変わったことがあれば、その都度書き足し・書き直せばいいのです。ぜひこの記事を参考に、エンディングノートに手をつけてみていただけたら幸いです。
続きを読む
オンライン偲ぶ会・お別れ会を徹底比較!料金やできることについて解説
オンライン偲ぶ会・お別れ会を徹底比較!料金やできることについて解説
家族葬や直葬の増加により、葬儀に参列できない人が増えています。同時に「お別れを諦めている人」が増えていると言えるでしょう。 葬儀を終えて落ち着いてから開催できるお別れ会・偲ぶ会は、故人を偲び、気持ちに整理をつけるための機会として最適です。 さらに、遠方や足の不自由な人でも参列できるオンラインお別れ会・偲ぶ会は、今後よりいっそう注目される可能性があります。この記事では、離れたところからでも参列できるオンラインお別れ会・偲ぶ会のサービスを徹底比較します。 オンラインお別れ会・偲ぶ会とは オンラインお別れ会・偲ぶ会とは、インターネットを介して参列できるお別れ会や偲ぶ会のことです。大きく分けて、次の2つのタイプがあります。 ・リアルな会場へのバーチャル参列型 ・オンライン完結型 それぞれ、特徴や流れを解説します。 リアルな会場へのバーチャル参列型 実際にお別れ会・偲ぶ会を開催し、リアルに参列できない人がインターネットを介して参列できるオンラインお別れ会・偲ぶ会です。 お別れ会・偲ぶ会の会場には、葬儀社の専用式場のほか、ホテルの宴会場や貸し切りのできるレストランなどが選ばれます。参列者は受付で会費を納め、自分の名札がある席に座ったり、立食したりするのが一般的です。 開式の言葉に始まり、故人の写真や動画を交えた略歴紹介がなされ、弔辞や弔電、故人に捧げる楽器の演奏などで哀悼の意が表されます。その後、参列者らが黙祷や焼香、あるいは献花を行って終了です。 インターネットを介して参列する人は、式の一部始終を配信されるライブ動画で視聴するほか、デジタルでの記帳や香典受付、焼香などを行います。 オンライン完結型 実際にはお別れ会・偲ぶ会を開催せず、バーチャル空間に会場をつくったり、オリジナルの追悼サイトを設けたりして、全ての参列者がインターネットを介して参列するオンラインお別れ会・偲ぶ会です。開式時刻を定めて参列者同士をリアルタイムでつなぐサービスと、めいめいの参列者が都合の良い日時にオリジナルサイトへアクセスするサービスがあります。 参列者同士をリアルタイムでつなぐサービスでは、プロの司会者や遺族が進行をつとめ、故人の写真や動画で略歴を紹介した後、参列者らから故人へのメッセージをもらうのが一般的です。 めいめいの参列者が都合の良い日時にオリジナルサイトへアクセスするサービスでは、故人の写真や動画、喪主からの挨拶などがあらかじめサイトへ投稿されており、参列者はそれを閲覧します。参列者が追悼メッセージを投稿したり、新たな写真を共有したりすることも可能です。 オンラインお別れ会・偲ぶ会でできること オンラインお別れ会・偲ぶ会でできることを一つずつ解説します。サービス会社によっては行っていない内容もあるため、事前によく確認しましょう。 記帳 サイトの記帳欄に自分の住所氏名を入力することで、自分がオンライン参列者として訪れたことを遺族に知らせることができます。 香典・弔電・供花受付 香典や弔電、供花を受け付けている場合は、オンライン決済で会場や喪主宅に届けることができます。 追悼メッセージの投稿・閲覧 オンライン参列では、遺族に直接挨拶できません。しかし、特設サイト等に設けられた追悼メッセージ欄に哀悼の意を投稿することで、自分の気持ちを伝えることができます。また、他の参列者のメッセージを閲覧することもできます。 写真や動画の投稿・閲覧 参列者自身が持っている故人関連の写真や動画を投稿することができます。また、他の参列者が投稿した写真や動画を閲覧できます。 黙祷、焼香、献花 多くのオンラインお別れ会・偲ぶ会において、故人に祈りを捧げる時間が設定されています。黙祷だったり、デジタルでできる焼香や献花だったりします。 司会進行の依頼 実際にお別れ会・偲ぶ会を開催する場合は、司会進行をサービス会社に依頼できます。 招待状の作成・送付 デジタル画面で閲覧できる招待状を作成してもらえます。サービス会社によっては、招待状の送付まで受け付けています。 参列者同士の交流 実際のお別れ会・偲ぶ会を中継するタイプや、開式時刻を決めて参列者同士をリアルタイムでつなぐタイプでは、参列者同士が画面を通して交流できる時間を設けていることがあります。 以上、オンラインお別れ会・偲ぶ会でできることについて解説しました。次は、気になる料金についてご案内します。 オンラインお別れ会・偲ぶ会の料金 オンラインお別れ会・偲ぶ会の料金は、0円から300万円まで、かなりの幅があります。タイプや規模によって、料金が変わってくるためです。 ・実際のお別れ会・偲ぶ会をライブ中継するタイプの料金相場 実際のお別れ会・偲ぶ会を行う費用に加え、オンラインシステムの利用料金がかかるため、料金設定は高めになります。少人数でも50万円から、大規模になると300万円を超えることもあります。 ただし会費制をとることが多いので、主催者側の負担は会費や参列者数によって変動します。お別れ会の会費相場は1万円から2万円です。 ・開式時刻を決めて参列者同士をリアルタイムでつなぐタイプの料金相場 式次第の考案から当日の司会進行まで、トータルコーディネートをサービス会社に依頼する場合は、30万円から60万円ほどの料金がかかってきます。 ・オリジナルの追悼サイトをつくるタイプの料金相場 あらかじめ考案されたシステムを利用するだけなので、数万円で済む場合が多いでしょう。なかには無料で利用できるものもあります。 オンラインお別れ会・偲ぶ会のサービス比較 ここで、オンラインお別れ会・偲ぶ会を扱っている会社のサービス内容を比較します。タイプの「中継型」は、実際のお別れ会・偲ぶ会を中継するタイプを指します。「完結型」は、全ての参列者がオンラインで参列するオンライン完結型を指します。 ※2022年7月現在、各サービス会社の公式HPから分かることに限り掲載しています。 Story BINK @葬儀 しのぶば SHINOBU 葬想式 -------------------------- -------- --------------------------------------------------------------------------------- ---------------- ------------------------ ------------------------ -------------------- タイプ 中継型 中継型 中継型 完結型※中継型も可能 完結型 完結型 記帳 ○ ○ ○ 香典・弔電・供花受付 ○ ○ ○ ○(会費決済) 追悼メッセージの投稿・閲覧 ○ ○ ○ ○ ○ ○ 写真や動画の投稿・閲覧 ○ ○ ○ ○ 遺族のみ ○(動画は不可) 黙祷、焼香、献花 ○ ○ ○ ○ 司会進行の依頼 ○ ○ 招待状の作成 ○ ○ ○ ○ ○ 参列者同士の交流 ○ ○ 料金設定 完全見積 5,500円~(システム利用料)※お別れ会・偲ぶ会の開催は、別途葬儀社等に依頼 導入葬儀社による 35万円(税別)~ 1開催につき3万円(税込) 無料 オンラインお別れ会・偲ぶ会を行っている会社のサービス紹介 表でご案内した各サービス会社のオンラインお別れ会・偲ぶ会について、それぞれ詳しくご紹介します。 Story Storyは、企画から当日進行まで行う、お別れ会・偲ぶ会のプロデュース会社です。専任のプロデューサーがつき、お別れ会・偲ぶ会をトータルでサポートしています。Storyが提供する「VRお別れ会」では、実際のお別れ会・偲ぶ会を準備するのと平行して会のVR空間を制作し、リアルでも、バーチャルでも参列できるお別れ会・偲ぶ会を完成させます。 当日は、パソコンやスマートフォン、タブレットを用いて、VR空間からお別れ会・偲ぶ会に参加できます。また、アーカイブ機能により、参列できなかった人でもサイトページにアクセスすることで当日の様子を観ることが可能です。 出典:Story BINK BINKは、実際にお別れ会・偲ぶ会を開催する会社ではありません。お別れ会・偲ぶ会は別の葬儀社などに依頼し、「オンラインでも参列できるようにしたい」と考えたときに、オンライン参列に適したシステムを利用するための会社です。デジタル記帳や香典のクレジット決済、葬儀の中継システムなどが、そのサービス内容となります。 通常、こういったシステムは葬儀社を通して利用することが多いのですが、BINKの特徴は、遺族が直接契約できることです。BINKの存在を知っていれば、「オンラインお別れ会・偲ぶ会に対応している葬儀社はないか?」と探す手間が省けます。リアルなお別れ会・偲ぶ会は別途手配して、オンラインでも参列できるよう、BINKのシステムをプラスすれば良いだけだからです。 出典:BINK @葬儀 葬儀社を介してサービスを受けられる会社です。サービスを利用するためには、@葬儀との契約が可能な葬儀社を探す必要があります。オンラインお別れ会・偲ぶ会だけでなく、オンライン葬儀にも対応しています。 実際のお別れ会・偲ぶ会が行われる日時にオンライン参列できなくても、公開期間内であれば参列が可能です。 出典:@葬儀 しのぶば 複数の人がオンライン上で同時にビデオ通話できる機能を利用して、司会者を中心に、お別れ会・偲ぶ会をオンラインで開催します。画面でつなげばどんなところからでも参列可能なので、お墓と画面をつないで、みんなでバーチャルお墓参りをするといったこともできます。ほか、閉会後に参列者がそれぞれの居場所からグラスを掲げて「献杯」を行うなど、リアルタイムでつながっているからこそのアイデアが活かせます。 準備期間は、1カ月ほどです。 出典:しのぶば SHINOBU 施主がオンライン上にオリジナルの追悼サイトを制作し、参列者がそれを閲覧したり、メッセージを投稿したりして故人を偲ぶサービスです。追悼サイトは「開催者の挨拶」「黙祷の時間」「故人の写真と動画のメモリアルアルバム」「故人へのメッセージ」などで構成されます。 サイトで紹介したい故人関連の写真や動画が揃えば、最短1~2営業日で開催が可能となります。 出典:SHINOBU 葬想式 葬想式は3日限りの追悼サイトを無料で作れるサービスです。SNSやメールで招待した人がサイトにアクセスできます。開式から72時間、思い出の写真や故人宛のメッセージを匿名で投稿することができ、相互に閲覧できます。 参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料 でご利用いただけます。 葬儀に合わせて利用するのはもちろん、オンラインでのお別れ会として活用できるのが魅力。遺族だけでなく、故人の友人などが開催することも可能です。 葬想式はこちらからアクセスできます。 出典:葬想式 オンラインお別れ会・偲ぶ会のQ&A お別れ会・偲ぶ会を開催するのは、オンラインでなくても初めてという人がたくさんいることでしょう。生じやすい疑問や悩みについてのアドバイスを、Q&A方式でご紹介します。 Q1. お別れ会・偲ぶ会を行うのにふさわしい時期はありますか? A1. 49日法要や一周忌、三回忌といった節目に合わせるのが一般的です。5年目、10年目など、回忌のある年にこだわらなくてもよいでしょう。 実際にお別れ会・偲ぶ会を行う場合は、余裕を持って2カ月ほど前から準備を始めるのが理想です。 Q2. お別れ会・偲ぶ会には、どんな人を呼ぶのが良いのでしょうか。 A2. 故人と主催者側との関係により、さまざまな例が考えられます。主催者が遺族であれば、顔ぶれは親族や故人の友人などになるでしょう。友人が主催するのであれば、親族というよりも友人関連が多くなります。恩師のためにかつての学生が企画するのであれば、参列者は学校OBや教授たちとなるでしょう。 ただ、いずれの場合でも、遺族へ事前に相談し、招待状を必ず送りましょう。 Q3. お別れ会・偲ぶ会にふさわしい場所は? A3. リアルでお別れ会・偲ぶ会を開催する場合、葬儀社のほか、ホテルなどが相談に応じてくれます。故人が気に入っていたレストランなどがあれば、お別れ会・偲ぶ会を行うために貸し切りができないか尋ねてみるのもいいですね。 リアルにお別れ会・偲ぶ会を行うのが経済的な負担になったり、忙しくて準備をする余裕がないといったことであれば、オンライン完結型をおすすめします。 Q4. オンラインお別れ会・偲ぶ会をする際に気をつけるべきことは? A4. 参列者側のネット環境やネットリテラシーに十分配慮しましょう。例えば、足の不自由なお年寄りにとって、オンラインでどこからでも参列できるシステムは心強い味方ですが、同時に「利用方法が分からない」「ネットが使えない」といった状況になってしまうことも考えられます。 とくにネットに親しんでいないと考えられる方には、早めに案内を届けたうえでデモ操作を行ってみる、当日はネットに明るい参列者に付き添ってもらうようにするといった手配を行いましょう。 オンライン偲ぶ会・お別れ会は、気持ちや予算に合わせて選ぼう 以上のように、オンラインお別れ会・偲ぶ会にはさまざまな種類があります。「実際にお別れ会・偲ぶ会を行った上で、オンライン参列もできるようにしたい」「オンライン完結型で、みんなと想い出を共有したい」など、やりたいことに合わせてサービスを選びましょう。また、事前に見積もりをもらい、会費制で負担金が相殺されるかどうかをシミュレーションすることも大事です。 弊社が運営する葬想式では、開式費用は無料で、集まった写真やメッセージをアルバムに印刷する場合にのみ費用がかかります。例えば、ご友人が亡くなった際はみんなで葬想式で思い出を共有したり、故人宛のメッセージを寄せ合い、集まった写真やメッセージを1冊だけアルバムに印刷してご遺族にお渡しするなどの使い方も可能です。その時々の状況・気持ち・予算に合わせて、最もいいお別れができるサービスを選んでご利用いただけると幸いです。
続きを読む
法要の供花、どんな種類や色がふさわしい?
法要の供花、どんな種類や色がふさわしい?
法要でどんな花をお供えすればいいのか?と思う方もいらっしゃるでしょう。 今回は法要の供花としてふさわしい花や送り方をご紹介します。 親しかった友人の法要に、お花を送ってもいい? 親しかった故人に対して、友人として何かお供えをしたいと思う方も多いでしょう。 その場合は、施主であるご家族にお花を送りたいことを伝え、了承を得たら送るのが良いでしょう。 法要の供花としてふさわしい色 法要の供花としてふさわしい色は、白が基本とされています。 しかし、地域によって色使いは変わります。 最近では白以外の色も交えて送る場合も増えてきました。 白以外の色を使用する場合、淡い青、紫、ピンクなどがおすすめです。黄色は少し明るすぎるため、クリーム色などの淡い色合いが良いでしょう。 他の色の花を交える場合でも、白を基調として淡い色でまとめましょう。 また、故人が生前に好きだった色や花を知っている場合は、「生前にお好きだった花をお贈りいたします。」など、一言添えて、それを送るのも良いでしょう。 法要の供花としてふさわしい花 法要の供花としてふさわしい花の花言葉や、開花時期をご紹介します。ただ、供花としてスタンダードな花は、時期を問わずフラワーショップで手配できる可能性が高いでしょう。 菊 花言葉:高貴、高潔、高尚 開花時期:秋菊は、10月下旬〜11月頃。夏菊は、6〜7月。寒菊は、12〜1月。 百合 花言葉:純潔、無垢、威厳 開花時期:5〜8月 カーネーション 花言葉:無垢で深い愛、真実の愛、永遠の幸福、尊敬など 開花時期:4月〜6月 デンドロビウム 花言葉:天性の花を持つ 開花時期:3月〜5月 スターチス 花言葉:変わらぬ心、途絶えぬ記憶、変わらない誓い 開花時期:5月〜7月 アルストロメリア 花言葉:持続、未来へのあこがれ 開花時期:4月〜7月 スイートピー 花言葉:門出、別離、優しい思い出 開花時期:4月〜6月 トルコキキョウ 花言葉:優美、希望、思いやりなど 開花時期:寒冷地では8~9月、温暖地では5~8月頃 カラー 花言葉:乙女のしとやかさ、華麗なる美、清浄、清純 開花時期:6月〜7月 供花の送り方 1、遺族への確認 供花を送る場合は、遺族の了承を得てから手配を始めましょう。 また、贈りたい花の種類が決まっている場合には、遺族にそれを伝えておけると安心です。 もし、遺族が思いもかけないような花が到着すると、祭壇に添える花の統一感が無くなってしまい、祭壇自体の見栄えが悪くなってしまう可能性があるためです。 2、花屋やインターネットで手配する 最近はインターネットで手配ができます。 その場合、法要の開式時間より前に会場に届くように時間を指定しましょう。開式ギリギリにならないよう注意しましょう。 まとめ 今回は法要の供花としてふさわしい花や送り方をご紹介しました。 この記事を参考に、法要での供花を選んでみてはいかがでしょうか。
続きを読む
【お参りの服装】友人の仏壇に命日のお参りをする際のマナーを解説
【お参りの服装】友人の仏壇に命日のお参りをする際のマナーを解説
大切な友人を亡くし、葬儀でのお別れが終った後にもご自宅を訪ねて仏壇にお参りをしたいという人も多いのではないでしょうか。特に命日は残された人達にとって故人を弔う特別な日であり、親族を気遣うマナーも存在します。 今回はそんな命日での弔問の服装などのマナーについてご紹介します。 友人の命日にお参りしてもよいのか 友人の命日に訪問することは、結論として良いでしょう。 ただし、ご遺族のご都合に配慮して訪問すべきです。次に、 友人の命日にお参りしたいときの連絡法 命日にお参りしたい際は、友人の親族に対して、故人や遺族の自宅を直接訪問する旨を電話で伝えます。 ご遺族とあまり交流がない場合は、自分と友人の関係性を簡潔に述べてから、お参りしたい旨を伝えると、良いでしょう。 突然訪問しても留守だったり、相手方の都合が悪かったりする場合もあるので、訪問する日時を相談して決めましょう。 相談する際は、自分の都合を伝えるのではなく、ご遺族のご都合を聞いて相談すると良いでしょう。 友人の命日にお参りしたいときの持ち物 ご遺族の自宅にお参りする際は、お供え物を持参しましょう。 お供え物は必ず持参しなければならないものではありませんが、手ぶらで訪問するよりは遺族も故人もきっと喜んでくれるはずです。 お供え物には菓子折りや和菓子など、なるべく日持ちするものを選びます。故人が生前好きだった食べ物を持参するのも無難です。 また、持参する場合は、「御供」の掛け紙を掛けましょう。 友人の命日にお参りしたいときの服装 友人・知人宅を訪問する際の服装は、普段着で構いません。 ただし、派手な色やデザイン、ジーパンにTシャツなどラフ過ぎる服装は避けましょう。特に、新盆を迎える前のお宅や故人が亡くなってまだ日が浅いお宅を訪問する場合は、できるだけ地味な服装で訪問するのがマナーです。 もちろん、葬儀や法要のように喪服や黒のスーツを着用しても問題はありませんが、遺族も私服の可能性が高いため、喪服を着て行くと一人だけ違和感を覚えることがあります。また、アクセサリー類は、なるべく身につけないほうが無難です。 友人の命日にお参りしたときのマナー 訪問した際のマナーは宗派によってお線香やお参りの作法が異なる場合もありますが、基本的な流れとマナーをご紹介させていただきます。 お参りの際の挨拶 玄関に招き入れられた際に、遺族へ「ご無沙汰しております。本日はお時間を頂きありがとうございます」などの挨拶をします。 それ以外にも故人との関係性や、遺族を気遣うような言葉を添えられるとよいでしょう。 お仏壇の前での振る舞い 自宅にあがったら、「お線香をあげさせてください」と一言断りを入れ、仏壇の前に座りましょう。 故人のために持参したものを遺族に手渡す行為は失礼にあたるので、お供え物を持参した場合は、仏壇に静かに置きましょう。 心配であれば「お供え物を持参したのですがどちらに置けばよろしいでしょうか?」と確認をとると安心です。 お仏壇へのお参りは、遺影や位牌に目をやり、静かに挨拶します。 そして、線香を1本手に持ち、火をつけます。このとき、ろうそくに火がついていなければ、先に自分で火をつけましょう。 次に線香を逆の手で軽くあおいで火を消します。 最後に線香を立てて、数珠を持った手を合わせお参りしましょう。 立てる線香の本数や折り方、唱える念仏は宗派によって変わりますが、基本的に自身の宗派に応じたお参りの仕方で問題ありません。 また、まれに焼香が設けられている場合がありますが、その際は焼香を優先して行います。 お参りを終えたら仏壇に向かって一礼し、座った状態のまま遺族のほうへ向きを変えてさらに一礼します。その後、遺族と故人の思い出話などをしますが、あまり長居せずにお宅を辞するようにしましょう。 まとめ 今回は、命日での訪問のマナーや服装についてご紹介しました。 友人・知人宅に訪問するケースは葬儀に参列するよりも少ないので、いざというときにこの記事を参考にしていただけると幸いです。 友人の命日の新しい過ごし方 本記事では友人のご自宅を訪問してお参りする上でのマナーについて解説してきました。しかし、場合によってじゃ訪問をお断りされたり、友人の仏壇が遠方にあり足を運べない、ということもあります。そこで、故人の友人達と一緒に思い出を振り返り、故人を偲ぶという命日の過ごし方をご紹介します。 弊社が運営している葬想式を使うことで距離と時間を越えて故人を偲ぶ機会を無料でお作りいただくことができます。   葬想式は招待制の追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能で他の参加者の写真やメッセージも見ることができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 本サービスは誰かが開式者として場を立ち上げなくては始まりません。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれませんが、この機会に救われる共通の友人がいるかもしれません。 もちろん、葬想式を開式される際はご遺族に一報 友人達と追悼サイト作成サービス葬想式を使って〇〇さんを偲ぶ会を行いたいと思います。思い出の写真を共有し合ったり、追悼メッセージを寄せ書きのような形で集められるサービスです。X月X日からX月Y日まで開式していますのでよろしければ期間内にこちらのURLより様子をご覧ください という形でご案内いただくことを推奨していますが、どうしてもご遺族と連絡が取れない場合は自由に友人が主催しても良い、というスタンスで本サービスを運営しています。もちろん、こういったことをご遺族の知らない所で行うことはできるだけ避けたいですが、大切な人を亡くし、偲ぶ心に優劣はなく、ご遺族も友人も等しく悲しむ権利があるという考えに基づき、このような運営を行っております。 葬想式を通じて、ご葬儀に集まれなかった方も含めて故人様との思い出を振り返り、メッセージを綴るという機会にもなりますし、友人が主催し、ご遺族も招待することで、ご親族がお持ちでなかった故人様の写真をご覧いただくこともできます。 みんなで故人様に思いを馳せ、思い出を振り返り、メッセージを綴るという時間を命日という節目にお過ごしいただくというのはいかがでしょうか?葬想式は命日の慣習を代替するものではなく、命日が担ってきた役割の一部を補完する仕組みです。 偲ぶ会の選択肢として、誰にでもお使いいただけるよう無料の相談窓口がございます。ご遺族へお知らせするための文章を作るのが難しいなど、葬想式を開く上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 本記事が少しでも皆様のお役に立てましたら、冥利に尽きます。
続きを読む
偲ぶ会・お別れ会のプログラム例をご紹介
偲ぶ会・お別れ会のプログラム例をご紹介
偲ぶ会・お別れ会とは、亡くなられた方の家族・親族のみで葬儀を執り行った後に、日を改めて、故人の友人や生前お世話になった方が集まってお別れをする会のことです。 故人や家族が理想とするスタイルで執り行えるのがお別れ会の大きな特徴で、一般的な葬儀とは違い、決まった流れはありません。 そのため、故人を偲ぶことを重視して、よりその人らしい自由なスタイルで当日のプログラムを組むことができるのが特徴です。 今回はそんな偲ぶ会・お別れ会のプログラム例をご紹介します。 偲ぶ会・お別れ会のプログラム内容に盛り込みたい項目 偲ぶ会・お別れ会におけるプログラムは、原則として自由です。ですが、「自由」といっても基本となるいくつかの項目があります。 例えば、開式の辞や故人の紹介、黙祷、献杯・会食、閉式の辞、写真撮影、お見送りなど、故人との最後のお別れを意識したプログラムを入れます。以下では、これらの各項目の具体的な内容について、詳しく解説します。 開式の辞 最初に、司会者による進行のもと、喪主や親族の代表者が開式の挨拶を行います。挨拶の内容には、葬儀に参列できなかった方のために葬儀当日の様子を入れるとよいでしょう。 また、今回のお別れ会を開催した背景、どのような会にしたいのかの展望について話すと、参列者はお別れ会の主旨をより理解できます。 故人の紹介 お別れ会の参列者には、親族のような故人のことをよく知る方もいれば、仕事の関係上少し付き合いあった程度の方もいます。 中には故人の略歴をよく知らない方もいらっしゃるので、没年にいたるまでの人生の歩みをご紹介する必要があるわけです。 この際、文字を読み上げるだけでなく、「思い出のスライド」のようなかたちで、故人の写真や映像をプロジェクターで公開すると、参列者は故人をより偲びやすくなるでしょう。 黙祷 黙祷とは、声を立てずに故人に対して心の中で語りかけ、祈りを捧げることです。少し前方に頭を下げて、軽くお辞儀をするスタイルにて行います。 黙祷を行うタイミングは、開式の挨拶直後、もしくは故人の紹介を行ってからすぐに行うのが基本です。お別れ会では会の途中でお酒が入ることも少なくありません。会が盛り上がってからではおごそかな雰囲気を作るのが難しくなってしまうので、黙祷は早い段階で済ませておきます。 献杯・会食 参列者の代表者からお言葉を頂いた後に献杯を行い、その後は生前の個人を偲びながら会食します。この間に故人の写真や映像の上映を行う、あるいは生前に好きだった曲を流し続ける、といった演出が行われることも多いです。 また、思い出の食事のメニューには、故人が好きだったお酒や食材・料理が用意される場合もあります。何か企画を盛り込む場合は、事前に親族や故人と親しかった方などと相談して決めるとよいでしょう。 閉会の辞 司会者による進行のもと、喪主または親族の代表者が参列者に対して閉式の挨拶を述べます。お忙しい中を来訪してくださったことに深くお礼を述べて、会を滞りなく終えることができたこと、故人も喜んでいることなどを伝えましょう。 会によってはお酒も入って盛り上がることもありますが、お別れ会での最後の挨拶ですので、言葉を選びながら落ち着いて丁寧に行います。 写真撮影 閉式の挨拶が終わったら、祭壇に飾られている故人の遺影や遺影を持った故人の配偶者・親族などを中心として、参列者全員で写真を撮ります。 参列者が多い場合、列に並ぶ場合に少し手間取るかもしれません。スムーズに写真を撮れるように、司会者や喪主・親族が参列者に声をかけて、動きを誘導してあげましょう。 お見送り 喪主や親族などお別れ会の主催者側が、参列者のご帰宅を順次お見送りします。参列者が多い場合は、出入口に立ってお辞儀をしながらお見送りを行うことになるでしょうが、できるならば参列者お一人おひとりに声をかけ、挨拶を行うのが望ましいです。 このとき、参列者分の手土産品(粗品)を事前に用意しておき、お見送りの際にお渡しする場合もあります。 偲ぶ会・お別れ会の流れを担う「司会者」の役割 お別れ会・偲ぶ会の式次第は、原則として自由に取り決めることができます。しかし、「故人とお別れをする」という目的を持った「会」であるため、会の最初と最後には開式の辞と閉式の辞、さらに故人の紹介や黙祷など、プログラムとして盛り込むべき項目は多いです。 そのため、当日に順序よく式次第を実行できるようにするには、司会者による司会進行が必要となってきます。 特に、お酒が入り、参列者同士の歓談が進んだ段階になると、司会者がメリハリをつけてプログラムを進めることが大切です。参列者の人数が少なければ、喪主や親族の代表者でも問題なく司会を行えるでしょう。 しかし参列者が多い場合は、こういう場に慣れたプロに依頼する、という選択肢もあります。 一般的な偲ぶ会・お別れ会のプログラム例 1、参会者入場 2、開会の辞 3、故人の紹介 4、黙祷 5、献杯・会食 6、閉式の辞 7、写真撮影 8、お見送り(解散) 思い出の共有を重視したプログラム例 1、参会者入場 2、参会者献花 3、開式の辞 4、黙祷 5、思い出のスライド 6、お別れの言葉 7、献杯 8、ご歓談 9、御礼の言葉 10、閉式の辞 11、参会者退室 仕事仲間を中心に招待した偲ぶ会・お別れ会の例 1、参会者入場 2、開式の辞 3、黙祷 4、故人の略歴紹介 5、お別れの言葉 6、弔電奉読 7、御礼の言葉 8、参会者献花 9、閉式の辞 10、ご歓談 11、参会者退室 対面の偲ぶ会・お別れ会を控える場合 ここまで、対面での偲ぶ会・お別れ会のプログラム例をご紹介してきました。しかし、対面では遠方に住む方が集まれなかったり、感染症の心配もあります。 対面で集まれるに越したことはありませんが、集まれないけど、オンラインで思い出を共有しあうという距離と時間を越えた偲ぶ会・お別れ会を無料で開くサービス「葬想式」__をご紹介します。 葬想式では何ができる? 葬想式は3日で消える追悼サイトを無料で作れるサービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能です。他の参加者の写真やメッセージも見ることができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。   葬想式はご遺族はもちろん、ご友人も主催できるサービスです。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれません。ご利用の際にはご遺族に一報を入れていただくことを推奨しておりますが、万が一連絡が取れない場合はご友人の一存で開式しても良いというスタンスで運営しております。悲しみに優劣はなく、血縁の有無によって弔いの機会の有無が決まってしまわないようにという願いを込めているからこその運営方針です。 今は亡き大切な人に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことで大切な人がもう亡くなった日常へと進む第一歩になるかもしれません。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? ご遺族にどんな連絡をしたらいいかわからない、招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 なぜ無料? 無料のサービスなのでご利用の際に不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。葬想式では3日間に渡って参加者同士思い出を共有しあい、思い出の写真やメッセージが寄せられます。そのメッセージや写真は開式から3日間が経過すると消えてしまいます。デジタルデータは劣化せずに半永久的に残せるという強みがありますが、大切な人との死別に際してそれが本当に良いことなのか、私達で問い直しました。鮮明なデータが半永久的に残るというのは、大切な人が生きていた日常から、もう会えない日常へと移り行く際に足かせになってしまうのではないかと危惧しています。そこで、葬想式で集まった写真やメッセージを紙媒体のアルバムを販売するというオプションサービスを提供しています。もちろんこれはオプションなので希望者のみの購入となります。葬想式のシステム自体のご利用は無料です。これが葬想式の開式が無料である理由です。 でもやっぱり対面がいい 葬想式の発起人である私がこんなことを言うのも少々違和感があるかもしれませんが、やはりリアルでの体験をデジタルで置き換えることはできません。葬想式はリアルの代替を目指しているのではなく、リアルの中で抜け落ちてしまう部分を補完することを目的としています。感染症の影響・物理的な距離や時間。このような障壁を乗り越えることができるのはデジタルの強みです。また、自分の知らない故人の一面や、誰かの記憶にある故人との思い出を一斉に知ることができるという体験はデジタルならではです。 どうしても対面での偲ぶ会・お別れ会が難しい時や、対面の会と非対面の会を組み合わせたい時に、葬想式をご活用いただき、素敵なお別れのひと時をお過ごしいただけますと幸いです。 まとめ 今回はお別れの会のプログラム例をご紹介しました。 お別れ会には、会費制、セレモニー形式、法人による社葬・団体葬など多様な形式があります。 ですが、どの形式であっても開催時期に特別なルールはありません。多くは四十九日や一周忌に合わせて開催されますが、中には三回忌や同窓会のタイミングに合わせて執り行われるケースもあります。 準備時間を十分に取れるので、この記事を参考にお別れ会の式次第をどうするのかについて、家族・親族でじっくりと話し合ってみてはいかがでしょうか。
続きを読む
友人の訃報に接した時の弔電の手配
友人の訃報に接した時の弔電の手配
突然、知人の訃報に接したものの、通夜や告別式の日程上、どうしても参列することができない。そんなときに役に立つのが弔電です。 弔電を手配するなら故人へのメッセージはきちんと考えたいものですが、初めて手配される方など、どんな文面にすれば良いかわからず難しいものでしょう。 また、葬儀の日程が迫っていてすぐに手配しなければならないときは、じっくり考えている余裕がありません。 そんなときのために、今回は弔電の手配方法、文例、マナーについてご紹介します。 弔電とは 弔電とは、故人やご遺族に対し、お通夜や葬儀、告別式、年忌法要に参加できないときに送る、お悔やみや励ましの気持ちを伝えるための電報のことです。 弔電の手配方法 弔電の手配方法には、大きく3つあります。 電話での手配、__郵便局での手配、インターネットでの手配__です。 電話での手配は、急ぎの場合に便利です。 115番に電話をかけると、NTTの電報サービスにつながります。オペレーターとやりとりをしながら文面や台紙などを選択することが可能で、19時までに申し込めば当日中に配達してくれます。 郵便局での手配においては、手書きの文字を送れたり、追跡サービスで配達状況を確認できたりするというメリットがあります。 インターネットでの手配は、電話で正確な文字を伝えるのが不安な人や、送る前に完成形のプレビューを確認したい人などにおすすめです。画面上で弔電の台紙を選ぶことができ、例文を参考にしながら文章を記入できるのも、電話注文にはないメリットです。 弔電は手書きでもいい? 弔電は、手書きでも送ることは可能です。マナー違反ではありません。 事実、手書き電報を送ることができるサービスもあります。 また、自分で電報にふさわしい台紙を購入し、自宅から直送することもできます。 ただし、手書きで真心を込めても肝心の字が汚いとマイナス印象を持たれてしまうかもしれないので、手書き電報を送るなら字に自信がある方や、急いでいても丁寧に文字を書ける方に限定した方が良いでしょう。 自分の文字に自信がないなら電報サービスを利用して、メッセージが印字されるタイプの電報を申し込むことをおすすめします。 友人が亡くなったときの弔電文例 突然の悲しいお知らせに、信じられない思いでいっぱいです。みなさまのご心痛をお察しし、すぐにでもお慰めに駆けつけたいところですが、今は離れた地よりご冥福をお祈り申し上げます。 突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと、悲しくてなりません。在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 ご逝去のお知らせを受け、驚きと共にお元気だったころの笑い声を思い出しています。まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。 いつまでもお元気でいてくださると思っておりましたので、ご逝去のお知らせにただ驚くばかりです。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご訃報に接し、今はただご生前の優しい笑顔ばかりが思い出されます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、お祈り申しあげます。 突然の訃報に、今は悲しさで言葉も見つかりません。お酒を飲みながらお互いの孫の自慢話をして盛り上がった日々が、大切な思い出として心に残っています。奥様が安らかな旅立ちでありますよう、心から哀悼の意を表します。 弔電を手配するときの注意点 差出人の情報 弔電に限らず、電報の文面には差出人の情報を記載します。 お名前のみでも可能ですが、式で電報を披露される場合に司会者の方が読みやすいように、氏名等に読み仮名をつけておくと親切でしょう。 ご遺族が把握しやすいよう、学校名、団体名、会社・部署名などの所属や肩書なども記載しておくと丁寧です。 併せて、ご遺族の方がお礼状などを出す際に手間がかからないよう、住所や連絡先も記載しておくことが望ましいです。 また、連名の場合は目上の方から順に名前を並べますが、人数が多い場合(目安として5名以上)は「〇〇一同」とするとよいでしょう。 弔電の宛名 弔電は喪主宛に送るのが一般的です。もし、喪主がどなたか分からない場合は、「(故)〇〇 ご遺族様」「(故)〇〇 ご遺族様」と記載しましょう。 また、社葬の場合は、会社宛になるケースがあったり、受取人様も会社の代表者や葬儀委員長宛にされたりする場合もありますので、あらかじめ確認しておくのが良いでしょう。 弔電の送り先 弔電は通夜・葬儀・告別式の会場へ直接送ることになりますので、斎場名と住所は正確に把握しておきましょう。 弔電を送る時期 弔電の手配は、訃報を受けたもののお通夜や葬儀・告別式いずれにも参列できないことがわかったら、すぐにはじめましょう。 届いた弔電は、葬儀・告別式の中で読み上げられるのが一般的ですので、葬儀・告別式までに届くように送りましょう。どんなに遅くても開式時刻には間に合わせるのが大原則です。 まとめ 今回は弔電の手配方法、文例、マナーについてご紹介しました。 弔電の文面には「忌み言葉を避ける」「敬称の使い方に気を付ける」「個人の宗教に配慮する」といった最低限必要なマナーがありますが、ご紹介した文例を参考にしながら、マナーに気を付けて自分自身でメッセージを考えるのもおすすめです。 親しい友人・知人が亡くなってしまったときは文例をそのまま使うのではなく、故人との思い出をプラスして書くのも良いでしょう。 ご葬儀に参列できず、気持ちが落ち着かない方へ 本記事をご覧になった方の中には大切な人のご葬儀に参列できず、せめてもの気持ちで弔電を手配しようとお考えの方もいらっしゃるかと思います。直接お別れできない状況に対して、もどかしさや遣る瀬なさを感じられる方も少なくありません。 行き場を失った、悼む心の行き先として、無料で使える3日限りの追悼サイト「葬想式」をご紹介します。   葬想式は故人様専用の追悼サイトを作成し、メールやSNSで皆様を招待することができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 葬想式はご遺族はもちろん、ご友人も主催できます。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれません。ご利用の際にはご遺族に一報を入れていただくことを推奨しておりますが、万が一連絡が取れない場合はご友人の一存で開式しても良いという考えで運営しております。 悲しみに優劣はなく、血縁の有無によって弔いの機会の有無が決まってしまわないように という願いを込めているからこその運営方針です。 今は亡き大切な人に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことで大切な人がもう亡くなった日常へと進む第一歩になるかもしれません。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? ご遺族にどんな連絡をしたらいいかわからない、招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 本記事が大切な人とのお別れを諦めない一助になりましたら冥利に尽きます。
続きを読む
少額の場合の香典返しは?金額相場・時期の目安についても解説
少額の場合の香典返しは?金額相場・時期の目安についても解説
葬儀や法要を執り行い、参列者から香典を頂いた場合は、香典返しと呼ばれるお礼をしなければなりません。 そこで今回は、香典返しの相場や時期の目安についてご紹介します。 香典返しとは 香典返しとは、通夜・葬儀・法要などで参列者から頂いた香典に対するお返しのことを指しています。 頂いたから単純にお返しをするというものではなく、お礼の気持ちを込めて返すものであることを覚えておくと良いでしょう。 具体的には、通夜・葬儀・法要が滞りなく行えたことや、参列して頂いたことに対するお礼の気持ちを込めます。 香典返しは感謝を表しており、それを参列者に伝えるためのものです。 香典返しの金額相場 香典返しを送るときには、金額に相場があるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。 結論から見ると、香典返しの相場は存在しています。 ここでは具体的な相場についてご紹介するので、相場を考慮して品物を準備すると良いでしょう。 一般的に香典返しは頂いた香典の半額程度が目安とされていますが、高額の香典を頂いた場合は3分の1〜4分の1に抑える方が良いでしょう。葬儀の日、香典と引き換えに、全ての人へ同じ香典返しの品物を渡す「即日返し」をしている場合は、喪明けの頃をめどに追加の品物を贈ります。「喪明け」については、後述しています。 身内や親族から高額な香典をいただいた場合 故人と参列者の関係によっては、一般的な相場より高額の香典を頂くことがあります。親戚や兄弟などの身内から頂いた場合、香典返し不要と伝えられていれば香典返しを用意する必要はありません。ですが、香典返し不要と伝えられていなければ香典返しを渡すのがマナーです。 職場から高額の香典をいただいた場合 職場から高額の香典を頂いた場合は、社内で定められている慶弔規定によるものであるかどうかを確認しなければなりません。慶弔規定による香典の場合は、香典返しは不要です。 社長などから個人的に頂いた香典であることが判明したら、一般的なルールに従って香典返しを渡しましょう。 少額の香典をいただいた場合 友人や知人、職場の同僚などから数千円程度の香典を頂くこともあります。「少額の香典を頂いた場合でも、香典返しを渡す必要があるのだろうか」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 基本的には、少額の香典を頂いた方にも香典返しを渡します。「香典を頂いた方には香典返しを渡す」というのが基本です。送らなくても失礼に当たらないと考えられていることもありますが、菓子折りを始めとした1,000円程度の香典返しを渡すと良いでしょう。 連名で香典を頂いた場合 会社や職場の方から、「社員一同」「〇〇課一同」「連名」などのように香典を連名でいただくことがあります。会社名の場合は、会社の経費から出されているためお返しは必要ないと考えられることもありますが、しっかり香典返しの品物をお贈りします。 この場合のお返しは、いただいた香典の金額を連名の人数で割って、1人あたりの金額を計算し、1人あたりの金額の1/3もしくは半分相当を目安に品物を選ぶようにしましょう。 会社・職場の方から連名で香典をいただいた場合、一人ひとりに香典返しをした方が丁寧ですが、1人あたりの金額が少額なために品物選びが難しかったり、個人名が分からなかったりすることもあります。その際は、皆さんで分けられるような小分けにされた品物を用意するとよいでしょう。 香典返しにふさわしい品物 香典返しとして送る品物はどのようなものでも良いわけではなく、適したものと避けるべきものが存在しています。送るものによっては失礼にあたることもあるため、何を送れば良いのかを事前に確認しておくことが大切です。 香典の金額にかかわらず一律の品物を用意することもありますが、多くの場合は頂いた香典の金額に合わせて三段階くらいの品物を用意します。香典返しでは、下記の品物を送ることが一般的です。 ・消え物(あとに残らないため縁起がいいとされている) 海苔・お茶・お菓子・砂糖など ・実用品 タオル・洗剤・石鹸 ・その他 カタログギフト・商品券 手元に残らない消えものが良いとされていますが、最近では受け取った方が品物を自由に選べるカタログギフトがよく利用されます。 カタログギフトは価格帯別に数種類用意されているので、香典の金額に合わせやすいという利点があります。 カタログギフトにはお礼状を添えて送ると良いでしょう。 香典返しにふさわしくない品物 香典返しに用いる品物を選ぶ場合、ふさわしくないとされているものがあるので注意が必要です。 具体的には、以下のような品物を避けましょう。 ・肉類や魚類などの生鮮食品 ・酒類などの嗜好品 ・慶事の贈り物として用いられる鰹節や昆布 ・現金 ・持ち運ぶのが大変なもの(即日返しを行う場合) 日持ちしないものや好みが分かれやすいもの、慣習として避けられているものは、香典返しとして渡さないようにしましょう。 他にも、金額が明確に分かってしまうような香典返しも避けた方が良いといわれています。 香典返しを渡す、または送る時期 香典返しは喪明け後に行うのが基本です。 喪明けがいつになるのかは宗教によって異なるため、十分に注意しましょう。主要な宗教ごとの喪明けは以下の通りです。 ・仏教: 命日を1日目として49日後 ・キリスト教: 命日から一ヶ月後 ・神道: 命日を1日目として50日後 仏教の場合は四十九日法要後、神道の場合は神棚封じの封印を解く時を喪明けとします。キリスト教の場合は一ヶ月後に行われる召天記念日礼拝や追悼ミサをもって喪明けとする考え方があるものの、教理によって定められているものではありません。遺族によって考え方が異なることも多いので、注意が必要です。 まとめ 今回は香典返しの相場や時期の目安についてご紹介しました。 香典返しは、渡す時期やふさわしい品物などさまざまなマナーがあります。 少額の香典をいただいた場合も、お返しを必ずするようにしましょう。 香典返しを送る頃に故人を思い出す機会を お香典をいただき、香典返しをお渡しし、「故人亡き今、しばらくこの方々とのご縁も遠くなってしまうのでは...」と思われる方もいらっしゃいます。 そこで、ご葬儀に参列できなかった方も含め、みんなで故人の思い出を共有し合う場を作るというご提案です。弊社が運営する3日限りの追悼サイトを無料で作成できるサービス「葬想式」をご活用いただけます。   葬想式は3日限りの追悼サイトを簡単に作れる無料サービスです。招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能です。ここのTOP画面で、遺影写真に選ばれたものを投稿することができます。 故人様に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことも立派な弔いの形です。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? 招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。
続きを読む
ライン(LINE)で訃報の連絡がきた時の返信例文・かける言葉は?
ライン(LINE)で訃報の連絡がきた時の返信例文・かける言葉は?
最近は家族や友人、知人など、メールではなくLINEでやり取りをしている方も多いでしょう。 そんなとき、「実は私の身内が亡くなって……」といった訃報を、LINEで受け取ることもあるかもしれません。 今回はSNSが普及してきた今だからこそあり得る、LINEでもらった訃報の返信マナー、例文などをご紹介します。 LINE(ライン)に返信する形でお悔やみを伝えていい? 訃報の返信は、友人や親戚など、日頃から連絡を取り合っている場合はメールやLINEでも問題ありません。 訃報の連絡が来たら、落ち着いてから返信をした方がいいと気遣う方もいらっしゃると思いますが、なるべくすぐに返信を入れましょう。 LINE(ライン)でお悔やみを伝える場合の注意点 LINEでお悔やみを伝える場合、いくつかの注意点があります。 1.季節の挨拶は不要 ビジネスでは必要ですが、お悔やみの場合は短く簡潔な言葉で伝えましょう。 2.忌み言葉は使用しない ・再び不幸が訪れるという意味で使用してはいけない言葉(いよいよ、くれぐれなど) 例)重ね重ね残念です。→本当に残念です。 ・死・生という直接的な表現(死去、死ぬなど) 例)ご死去を伺い→ご他界を伺い ・神式・キリスト教式の忌み言葉(成仏、供養、冥福、往生、お悔やみ、追悼など) 仏式葬儀では忌み言葉にはなりませんが、神式、キリスト教式の場合は忌み言葉になるので注意しましょう。 3.絵文字や顔文字、スタンプは使わない 4.死因は訪ねない 5.故人に対して敬称を使う メールやLINEの返信では、宛先が故人ではなく喪主なので、喪主との関係性で故人の敬称が変わります。 LINE(ライン)での訃報の返信の文例 友人にLINEで返信する場合 この度は〇〇様の訃報に接し、大変驚いております。 心身ともに大変な時かと思いますが、どうかご自愛ください。 まずは略式ながらLINEにてお悔やみ申し上げます。 取引先にLINEで返信する場合 このたびは〇〇様にご不幸があったことに際し、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時期かとは存じますが、どうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、 LINEにて失礼します。 謹んでご冥福お祈りいたします。 LINE(ライン)での訃報の返信のまとめ LINEやメールでお悔やみを送ることで、相手が都合の良い時に読めるという利点があります。ですが、LINEでの連絡が可能なのは普段からLINEで連絡を取り合う間柄のみの場合なので、普段からLINEで連絡を取らない上司や取引先などの場合は、電話で伝えるなど、相手との関係性によって連絡方法を変えると良いでしょう。 ご葬儀に参列できない・お別れの機会がない場合に LINEで訃報に接したものの、ご葬儀は身内だけで執り行う場合や、遠方に住んでいるが故、葬儀に参列できない場合もあります。大切な友人や知人の訃報に接し、お別れを諦めざるを得ないというのは辛いものです。 供花やお香典など、せめてできることはしたいという気持ちもありつつ、ご遺族を前にその気持ちを抑えなくては...とご自身の想いはグッと我慢する方も少なくありません。 この行き場のない想いの行き先として、距離と時間を越えて故人の思い出を共有し合い、故人を悼む時間をお過ごしいただける3日限りの追悼サイト作成サービス 葬想式をご紹介します。   葬想式は招待制の追悼サイトを無料で簡単に作れるサービスです。 招待された人々がサイトに集い、思い出の写真やメッセージを投稿できます。公開期間中(3日間)はいつでも、どこからでもサイトにアクセス可能で他の参加者の写真やメッセージも見ることができます。参加人数、投稿写真枚数、メッセージの数は無制限、無料でご利用いただけます。 葬想式はご遺族はもちろん、ご友人も主催できます。「私がやってもいいのかな?」という戸惑いはあるかもしれません。ご利用の際にはご遺族に一報を入れていただくことを推奨しておりますが、万が一連絡が取れない場合はご友人の一存で開式しても良いという考えで運営しております。悲しみに優劣はなく、血縁の有無によって弔いの機会の有無が決まってしまわないようにという願いを込めているからこその運営方針です。 今は亡き大切な人に想いを馳せながら、どの写真を投稿しようか昔のカメラロールを遡ったり、伝えたい言葉を紡ぐことで大切な人がもう亡くなった日常へと進む第一歩になるかもしれません。昔のお写真がお手元になくても、言葉を綴ることはできます。たくさんの思い出で溢れる素敵な場で偲ぶ時間を過ごされてはいかがでしょうか? ご遺族にどんな連絡をしたらいいかわからない、招待文を作るのが難しいなど、葬想式を開式する上でのハードルを乗り越えるお手伝いをさせていただきます。こちらの公式LINEからお気軽にお問い合わせください。 また、こちらの葬想式公式サイトより、パンフレットの送付請求やサンプルページの閲覧が可能です。こちらも是非ご活用ください。 本記事が大切な人とのお別れを諦めない一助になりましたら冥利に尽きます。
続きを読む
葬儀の服装マナーについて解説
葬儀の服装マナーについて解説
突然葬儀に参列することになったとき「どんな格好で参列すればいいのか?」と困ったことはありませんか? 大切な方との最後のお別れは、きちんと礼儀やマナーをわきまえた服装で参列したいですよね。 今回は葬儀の服装のマナーについてご紹介します。 葬儀における親族側の服装 男性 洋装の場合 モーニングスーツが正式礼装です。ネクタイは黒無地のもので、ネクタイピンはつけません。ポケットチーフも控えましょう。 なお、モーニングスーツは昼間の服装なので、夕方からの通夜式には準礼装のブラックスーツを着用しましょう。 ブラックスーツはダブルでもシングルでもよいとされておりますが、近年は喪主でも葬儀・告別式にブラックスーツを着用するケースが増えています。 ですが、同じブラックスーツでもビジネス用はお葬式にはふさわしくないので、注意しましょう。 和装の場合 着物は黒無地で冬は羽二重(はぶたえ)、夏は平絽(ひらろ)のものを着用します。 羽二重とは、日本の伝統的な高級絹織物の一種であり、薄手でなめらかで、光沢感があるのが特徴の織物です。 平絽とは、夏の正装着にも使われる夏物生地の王道とも言える織物であり、羽二重に似た優雅な光沢感を持っています。 また、絽目という隙間があることによって風通しがよいのが特徴です。 羽織は五つ紋付き、袴は仙台平か博多平にしましょう。家に眠っている袴が礼装用かどうか分からない場合は、念のため葬儀社に尋ねるのがおすすめです。足袋や草履は鼻緒が白または黒のものをはきます。また、扇子は持ちません。 女性 洋装の場合 黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブル、アフタヌーンドレスなどを着用しましょう。 生地には光沢がなく肌が透けない生地を選び、夏でも袖が長めのものを着用しましょう。スカートは正座したときに膝頭が隠れる長めの丈を選びましょう。 和装の場合 黒無地の着物で冬は羽二重(はぶたえ)か一越ちりめん(ひとこしちりめん)、夏は駒絽(こまろ)や平絽(ひらろ)のものを着用します。 羽二重とは、日本の伝統的な高級絹織物の一種であり、薄手でなめらかで、光沢感があるのが特徴の織物です。 一越ちりめんとは、表面はざらざらしたように見え、しぼが細かいのが特徴であり、高級感があります。しぼが小さいことから、着崩れも少ないのが特徴です。 駒絽とは、着物生地の中でも暑さの厳しい季節に適した「絽」の生地の一種です。絽の生地は生地自体に透け感があり、夏でも比較的涼しく過ごすことができるのが特徴です。 平絽とは、夏の正装着にも使われる夏物生地の王道とも言える織物であり、羽二重に似た優雅な光沢感を持っています。 また、絽目という隙間があることによって風通しがよいのが特徴です。 羽織は五つ紋付きで、紋は、もし分かれば実家の女紋か、婚家の紋を使用します。帯留めはつけないか、喪服用の黒い帯留めがあればつけ、草履・バッグは黒の布製のものを使用しましょう。 子ども 学校の制服が正式礼装になりますが、制服がない場合は、黒・濃いグレー・濃紺などで、無地の地味な服装が良いでしょう。もし手持ちに子ども用のジャケットがあれば、それを羽織るだけでも雰囲気がフォーマルになります。 葬儀に参列するときの服装 男性 準喪服であるブラックスーツを着るのが一般的です。ブラックスーツはダブルでもシングルでも良いとされています。生地は無地で光沢がないものを選ぶと良いでしょう。 襟もレギュラーカラーかワイドカラーなら葬儀の場面でも問題ないとされますが、カジュアルな印象を与えるボタンダウンは避けたほうが無難でしょう。 ネクタイ、靴、靴下も黒で揃えましょう。 女性 ブラックフォーマルが一般的とされています。黒いワンピースやアンサンブルで問題ないでしょう。 ただし、必要以上に肌の露出をすることがないよう注意をしましょう。特にスカート丈についてはふくらはぎから膝下ぐらいまでの丈が一般的です。短くても膝が隠れる程度までにしておくと良いでしょう。ストッキングは色はベージュではなく黒を着用しましょう。 子ども 学校の制服が正式礼装になります。制服とはいえ、帽子は外しておきましょう。 制服がない場合は、黒・濃いグレー・濃紺などで、無地の地味なワンピースが良いでしょう。 また、もし七五三で着たスーツや洋服があればそれを着せていけば問題ありません。 平服を指定されたときの服装 男性 黒、濃紺、グレー、を基調として地味な色合いのスーツを選び、全体として暗めの色でまとめると良いでしょう。ネクタイはダークグレーや黒を基本として、柄は目立たなければストライプやドット柄でもよいでしょう。 靴、バッグ、ベルトについては、葬儀の場合と同様と考えて問題ありません。光り物は控えましょう。 女性 黒、グレー、紺などのスーツ、ワンピース、アンサンブルが基本です。落ち着いた雰囲気を出せる服装が良いでしょう。 ストッキングの色はベージュではなく黒がいいでしょう。 靴とバックについては、葬儀の際と同じ黒のものを身に付けましょう。形状もシンプルなものを選ぶのが基本です。 子ども 制服が安心ですが、制服がない場合は、黒・濃いグレー・濃紺などで、無地の地味な服装が良いでしょう。 ヘアスタイルの注意点 髪色 葬儀にふさわしい髪色は、基本的に黒です。 ですが、近年髪色に関しては許容される傾向にあり、ダークブラウンなどの色味でも問題ありません。金髪などの派手な色でなければ、無理に黒染めする必要はないでしょう。派手な色の場合は、黒染めスプレーなどで一時的に黒くすることも可能です。 男性の髪型 耳を出した清潔感のある髪型が適しているとされています。 前髪が目にかかってしまう場合は、短くカットするのが理想ですが、ほどよい量のワックスなどを使って少し横に流すなどして額が見えるようにすると良いでしょう。香りの強いワックス・ジェルは使用しないようにしましょう。 女性の髪型 ロングやセミロングの髪の方は、焼香時などで髪が邪魔にならないようまとめておきましょう。 髪をまとめる際には、黒のヘアゴムで耳より下の位置でまとめるように注意しましょう。 アクセサリーの注意点 お葬式では結婚指輪以外のアクセサリーはつけないのが基本とされています。 時計や眼鏡、ベルトのバックル、特に金具が見えるピアスやイヤリングなど金色の派手なものは避けたほうがいいでしょう。 喪服であれ平服であれ、ネックレスやイヤリングについては、真珠やブラックオニキスなど白や黒を基調としたものであれば身に付けても問題ないとされています。ネックレスは一連のもの、イヤリングをつける場合は1粒タイプのものを選びましょう。 まとめ 今回は葬儀の服装のマナーについてご紹介しました。 葬儀の服装には細かいルールがあり、わずらわしいと感じる方もおられるかもしれません。しかし、それを守ることで、故人を見送るにふさわしいお葬式を執り行うことができるのではないでしょうか。服装などのマナーをきちんと守って故人を見送りましょう。
続きを読む